ARでスマホを操作する

AR(Augmented Reality)

スマートフォンが普及してカメラも同時に進化を遂げています。近年、スマホのカメラは撮るだけに止まらず、カメラ越しに映る世界で我々を楽しませてくれるだけではなく、生活を豊かにしてくれています。何年か前に大流行したスマホアプリの「ポケモンGO」はカメラ越しにポケモンが現れて本当にポケモンを捕まえているかのような楽しみ方が話題となりました。他にも大手家具メーカーでは自宅でカメラを構えると寸法を読み取り、実際に家具を置いたらどのような大きさか再現するアプリが登場しました。これには全てARという技術が深く関わっています。

ARの意味とは

ARの英語表記は(Augmented Reality)となり、その略語となります。日本語に訳すと拡張現実です。スマホのカメラで通して見るものは現実と異なりませんが、そこにアプリでポケモンや家具などが映し出される世界は人間から見れば、拡張されたということなのです。

ARの由来

AR(Augmented Reality)という名前は1990年、ボーイングカンパニーの技術者によって名付けられました。ボーイングと聞けば旅客機を思い浮かべることかと思いますが、ミサイル、軍で使う飛行機、宇宙船なども研究や設計をしている非常に大きい企業です。当初はAR技術を研究などで用いられることがメインでしたが、2000年代に一般人が利用できるコンテンツやゲームにもAR技術が搭載されるようになりました。中でも代表的な例をご紹介するとGoogleのAR翻訳機能は読めない言語をカメラにかざすだけで翻訳してくれるというとても便利な機能や、若者を中心として人気の顔をカメラに写すと顔認証をしてメイクをしている風やゾンビ、動物などに変身できるカメラアプリもAR技術を用いています。

ARの文章・例文

例文1.ARで見えるポケモンはまるで本当に居るようだ
例文2.最新のAR技術では長さを測ることができるので定規要らず
例文3.海外旅行で買い物する際にはAR翻訳機能を手放せない
例文4.AR機能のあるカメラアプリしか可愛く撮れない
例文5.このゾンビゲームはAR機能が使われているので部屋にゾンビが居るような錯覚をさせる
VRMRの普及によって、ゲーム市場は大きな変化を遂げており、より立体的により現実感を伴った作品が多くなっています。そうした背景が海外の

ARの類義語

VR(virtual reality)」とは日本語で仮想現実と訳し、こちらも現実に手が加えられています。しかし、ARでは現実がありながらも拡張していますが、VRでは架空の世界を現実的にしているという根本的な違いがあります。さらに、近年では「MR(mixed reality)」と呼ばれている、日本語では複合現実と訳される新しい技術が研究されています。ARとVRを組み合わせた最も新しい現実の技術とも呼べるでしょう。

ARまとめ

実は普段使っているゲームやアプリがAR技術で出来ているということも少なくはありません。またカメラ越しではなく、レンズ越しに拡張現実を見ることが出来るARグラスというメガネ型でARを体験できる技術も開発をされています。現段階では企業向けしかありませんが、開発が進むにつれ、個人で購入できるARグラスも発売される日はそう遠くないでしょう。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事