API

今日インターネットを利用した多くの便利なサービスが提供されていて、そんな中、APIという単語を耳にしたことがある人はいると思います。しかし、APIって聞いたことがあるけどなんのことかわからないという人は多いと思います。現在APIは数多くのものがあり、そのAPIを利用して今も便利なサービスがエンジニアたちによって開発されています。APIとは一体どのようなものなのでしょうか?

APIの意味とは

APIは主にソフトウェアを提供している企業や団体がソフトウェアの機能を共有できるように提供しているものであります。そのソフトウェアがどんなプログラムによって動いているのか公開することなく、機能のみを提供できるので新しいビジネス連携を生むきっかけにもなります。今日APIを利用したサービスはとても多く存在しています。簡単なものだとTwitterやLINEやGoogleなどのアカウントを利用したログイン機能などです。前述したログイン機能などもTwitter社やLINE社やgoogle社で提供されているAPIを利用したものです。APIを利用することにより、他のアプリケーションでの通知を違うアプリケーションで受け取れたり、情報を共有できたりととても便利です。

APIの由来

APIとは「Application Programming Interface」の頭文字をとって名付けられています。元々はAPIはデスクトップアプリケーションで使われていた仕組みで、ソフトウェアの機能を外部プログラミングから呼び出して入力や出力をさせるために利用されていました。しかし、そのAPIというのはそのOS内でしか使えないというものだったので、WindowsやMacなどそれぞれのOSでしか動かない仕組みでした。アプリケーションを他のサービスにも利用しようということにより今では沢山のAPIが公開されています。このAPIを利用することによりより便利なサービスが提供されているのです。

APIの文章・例文

例文1.APIを利用して新サービスをユーザーに提供する
例文2.APIによってログイン機能を実装する
例文3.このサービスはAPIを使って複数のアプリケーションを利用している
例文4.APIを使ってAIスピーカーからSNSでメッセージを送信する
例文5.開発でAPIを叩く

APIの関連語

APIの関連語としては「アプリケーション」、「インターフェース」などがあげられます。

APIまとめ

APIは今日多種多様なものが存在しております。APIを利用したサービスはこれからもどんどん増えていくでしょう。それによりいままでになかったサービスが増えていくでしょう。これからもAPIを利用していきましょう。

この記事を読んでいる人に人気の記事