AIDMAを使って戦略を練る

AIDMA(アイドマ)

ネットのプログラミングを組みあげる時、企業のマーケティングや広報に携わる時、知っておきたい単語があります。AIDMAも最近よく耳にするようになった、トレンド語です。AIDMAの正しい言葉の使い方や意味について、チェックしていきましょう。

AIDMAの意味とは

AIDMAとは、ユーザーが商品に興味をもち「購入しよう」と思うまでの具体的なプロセスを述べた言葉です。企業がプロモーションを行う時によく使われる言葉で、AIDMAを正しく知っておくと「売れるモノ作り」が可能になると言われています。AIDMAのAには「Attention(ユーザーの注目を集める)」Iには「Interest(ユーザーの興味を惹く)」Dには「Desire(ユーザーに必要と思わせる)」Mには「Memory(ユーザーに覚えてもらう)」Aには「Action(購入してもらう)」というプロセス過程が入っています。

AIDMAの由来

AIDMAは1920年代に企業マーケティングのパイオニアであるサミュエル氏によって提唱された言葉です。CMや広告を打つ時、私たちはつい「売り手目線」でモノ作りを行いたくなるもの。そうではなく「買い手目線」に立ってセールスを行うのがAIDMAの基本。AIDMAの思想が広まった事によって、販売や広報の概念は大きく変わったと言われています。

AIDMAの文章・例文

例文1.新入社員用にAIDMAの説明資料を作った
例文2.AIDMAに基づいて、もう一度案を練ってごらん
例文3.AIDMAのテンプレートを作成した
例文4.AIDMAの意義に適っている、良い資料だね
例文5.部長はAIDMAのプロだ
消費者に新商品を買ってもらうためには、幾つかの段階が必要です。AIDMAは消費者の心理的な側面を踏まえて考えられた、マーケティング理論。AIDMAを正しく理解しておくことで、効果的な広報活動をおこなう事ができます。

AIDMAの会話例

  • 質問者アイコン

    先週販売した新商品、売れ行きが芳しくないね。

  • 回答者アイコン

    商品自体は悪くはないと思いますが…。

  • 質問者アイコン

    代理店に連絡を取って、販促内容をもう一度検証しておいてくれるかな?

  • 回答者アイコン

    承知しました。AIDMAの抜けが無いか、調査してみます。

とあるメーカーのオフィスにて。社長と部下が話をしています。どんなに優れた商品を作っても、その価値を広く知ってもらうためにはAIDMAを正しく用いることが大切です。

AIDMAの類義語

AIDMAの似た言葉として、「AISAS」があります。AISASは日本生まれのマーケティング用語で、大手代理店・電通が提唱している理論です。AIDMAに比べて、よりネットを意識した現代的なマーケティング論になっています。

AIDMAまとめ

少子化で物が売れないと言われている時代、少しでも多くの消費者に働きかけを行うためには、効果的なプロモーション法を知る事が大切です。AIDMAはメーカーに勤める人すべてが知っておきたい、今を生き抜くためのビジネスワードです。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事