AI超えを果たす奇跡の一手

AI超え(えーあいごえ)

AI超えとは、将棋の藤井聡太二冠が棋聖戦五番勝負第2局で指した58手目・3一銀の一手のこと指した言葉です。58手目・3一銀はAIが6億手を読んで導いた最善手であったことからAIを超えているとしてAI超えと言われるようになりました。この一手が藤井聡太の名声をさらに高める事になったのです。今回はAI超えの意味や由来、例文、類義語などを交えて、わかりやすく解説をしていきます。

[adstext]
[ads]

AI超えの意味とは

AI超えの意味とは、将棋の藤井聡太二冠が棋聖戦五番勝負第2局で指した58手目・3一銀の一手のことです。
この一手がAIが6億手を読んで導いた最善手であり、それを人間が極限の集中状態であるタイトル戦の対局の中で、出来ることに藤井聡太棋士の凄さが象徴されており、方々から賛辞を浴びる事になりました。

AI超えの由来

AI超えの由来は、将棋の藤井聡太二冠の一手がAIが6億手を読んで導いた最善手であったことからAIを超えているとしてAI超えという言葉として使われるようになりました。

AI超えの文章・例文

例文1.藤井聡太二冠の一手がAI超えと言われるように彼の実力は確かなものである。
例文2.藤井聡太二冠はAI超え以外にも、藤井フィーバーという言葉で話題になったことがある。
例文3.AI超えと言われる彼の守りの一手が勝敗を分けた。
例文4.AIであっても発見できなかった一手を見つけ出すことができる藤井聡太二冠はまさにAI超えと言える。
例文5.AI超えと言われる藤井二冠は最年少でタイトルを獲得するほどの実力であり、今後も目が離せない。
これらからAI超えは、言葉の通りAIが行った計算を超えることを表すのに使われることがわかります。AI超えの一手を見つけ出せることは凄いことですよね。AI超えという言葉とともに覚えておくとよいでしょう。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

AI超えの会話例

  • 質問者アイコン

    この前もニュースでやっていたのだけれど、天才棋士が最年少記録を次々と生み出していて本当に今後の活躍が楽しみだよ。

  • 回答者アイコン

    そうだね。藤井二冠の実力はいつ見てもすごいと思うよ。AI超えと言われる所以もわかるよ。

  • 質問者アイコン

    本当だよね。大きく取り上げられて話題になるわけだよね。

  • 回答者アイコン

    以前にも負け知らずで29連勝していたことも有名だしね。

多くある手の中から最善手を選ぶことができるのはとても凄いことですよね。AI超えという言葉は今後も耳にすることがあるかもしれません。知っておくともしかしたら役に立つと思うので覚えておくといいでしょう。

AI超えの類義語

AI超えの類義語には、「藤井フィーバー」「合駒」「相掛かり」「大駒」「好局」などがあります。

AI超えまとめ

近年は、AIにも注目が集められることが多くなってきました。また、AIという言葉について聞いたことはあるけれどあまり詳しくは知らないという人はAIについても例文や類義語を徹底解説している記事があるので読んでみるとよいでしょう。また今回説明をしてきた「AI超え」は2020年の流行語大賞にノミネートされており、今年は暗い話題が多かったですが、そんな中でも藤井聡太二冠の活躍は明るい話題ですから、大賞の受賞も可能性があるのではないでしょうか。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事