3150な瞬間を撮影する

3150(さいこー)

「3150」という数字を見て、何を思い浮かべますか?実はただの数字ではなく、ある言葉の語呂合わせなのですがいったいどういう意味をもつ言葉なのでしょうか?今回はこの「3150」について詳しくご紹介していきます。

[adstext]
[ads]

3150の意味とは

「3150」とは、「最高」という意味をさす言葉です。いわゆる当て字での表記となりますが、分かる人には意味が通じるというものですが、SNS時代の今は理解をしておくといいのかもしれません。

3150の由来

「3150」という言葉は、それ以前も局地的に使われる事はありましたが、ある人物によって一気に広がっていきました。その人物とは、ボクシングで有名な亀田三兄弟の父親である、亀田史郎さんです。彼がSNSのハッシュタグなどで「3150」と使うことで徐々に広まっていき、今では若い人たちを中心に使われている言葉です。「3150」のような数字の語呂合わせによる言葉は今も昔も様々な場所で使われています。現代では特にSNSを中心に見かける機会が多く「3150」の他にも「397(サンキューな)」なども使われています。

3150の文章・例文

例文1.久しぶりに地元の友達に会ったけど、相変わらず3150だ。
例文2.このメンバーで遊ぶと最高に楽しい、3150なメンツだ。
例文3.ハッシュタグ3150で検索をかけると亀田史郎さんの投稿が大半を占めていた。
例文4.そのスカートとてもよく似合っているよ、3150だね。
例文5.3150の誕生日パーティーだったと褒められて嬉しくなった
記念日やイベントなどの投稿のハッシュタグに引用されていることが多いです。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

3150の会話例

  • 質問者アイコン

    今日は本当に楽しかったね。

  • 回答者アイコン

    うん。帰ったらインスタグラムに写真を投稿しなきゃ。

  • 質問者アイコン

    ハッシュタグ3150をつけるのを忘れないでね。

  • 回答者アイコン

    もちろん!

インスタグラムの投稿やストーリーズ機能でよく見かけるかもしれません。

3150の類義語

「3150」と関連する言葉には「397」「BFF」などがあります。

3150まとめ

今回は「3150」について詳しくご紹介していきました。
若者の間を中心に使われている言葉ですが、その言葉の由来は意外な人物だったかと思います。
このような言葉をハッシュタグで引用することでSNSライフが少し楽しくなるかもしれません。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事