2022年問題に脅かされる

2022年問題(にせんにじゅうにねんもんだい)

「2022年問題」とは、経済誌や不動産関係の界隈で、かなりの信ぴょう性を持って噂されている地価暴落を予見するものです。2022年になると、東京など都心部の生産緑地と呼ばれる農地が、規制解除となり売却可能となります。これが、関係者の間では地価が下落・暴落すると懸念を抱いているのです。実際にどうなるかは不明ですが、今後は間違いなくニュースなどメディアで取り上げられる機会も増えていく話題なので、詳しい解説をさせて頂きます。

2022年問題の意味とは

「2022年問題」の意味は以下の通りとなります。
 (1)2022年以降、都心部にある農地「生産緑地」が売却など可能となり、地価暴落に繋がる恐れのある問題。
 (2)1970年代に主に三大都心部の緑地化という目的で「生産緑地法」が制定され、農業をする条件に税制優遇を取られたが、30年間という期限付き条件なので2022年から一斉に解除される。農地が宅地化となり売却も可能になるので、不動産関係者は都心部だけでなく全国的に土地価格が下落すると頭を痛めている問題。
主だった意味は上記の通りですが、もう少し解説をすると、東京などで生活をしている人は、こんな一等地でなぜ農業をしているのだろう? と疑問に思った事はありませんか。それは、1970年代に入り、日本は急激な都市化が進み、中でも東京・大阪・名古屋の三大都市圏では、農地を含む緑地が減少する事態となりました。それに対し、歯止めをさせようと、大都市の一部の地区では農地として農業をする条件として、税制面で大幅な優遇措置を得られるメリットがありました。同じ土地でも、宅地にするより、農地として「生産緑地」にすれば減税効果があるので、大勢の人々が恩恵に授かったのです。しかし、「生産緑地」は30年間という期限付き条件で、全体の約8割が2022年で30年を迎え、東京ドーム換算で約2000個以上の土地が市場に出回るのではと予想され、もし本当にこの大量の土地が一斉に売却されるようなら、不動産市場は大混乱に陥り、都心部だけでなく全国の地価が暴落するのではと懸念されています。これが所謂、「2022年問題」であり、地価暴落懸念の全容です。

2022年問題の由来

言葉としての「2022年問題」に、特別な由来などはありません。強いて言うなら、1972年に制定された「生産緑地法」の条件である、30年間の農業義務が解除されるのが2022年からとなるからです。

2022年問題の文章・例文

例文1.2022年問題が深刻化すれば、地方だけでなく都心部の地価も今後は上がる事はなさそうで、ますます不景気になりそうだ。
例文2.2022年問題は不動産関係者だけでなく、都心部の緑地がなくなる懸念もある。
例文3.2022年問題を逆手にとり、新しいビジネスチャンスとする向きな声も出ている。
例文4.都心部で物件購入を考えているなら、2022年問題が過ぎて、少し落ち着いてから購入した方がお得だ。
例文5.都市部の緑地を守る都市計画と生産緑地が、30年後に2022年問題として降りかかるとは皮肉なものだ。

「2022年問題」の説明、例文的なもの、今後への期待といくつかのパターンにしました。

2022年問題の会話例

  • 質問者アイコン

    有名な経済誌とか、2022年問題を最近特に扱う様になっているよね?

  • 回答者アイコン

    それだけ、多くの人が関心ある話題なんだよ。

  • 質問者アイコン

    でも、土地を持っていなかったり、不動産購入予定がない人には、関係なくない?

  • 回答者アイコン

    本音で言うとそうだけど、でも東京の不動産価値が安くなると、それだけ魅力ない場所という事になるよね。それに、不動産が不景気になると、他の業界にも波及して皆が景気悪くなるから、やっぱり大事な問題だよ。

「2022年問題」を楽観視する男性と、不動産業界の不景気が他の業種にも波及すると説く、女性の会話です。

2022年問題の類義語

「2022年問題」の類義語には、「2025年問題」「不動産バブル崩壊」などの言葉が挙げられます。

2022年問題まとめ

「2022年問題」とは、東京等の都市部の”生産緑地”と呼ばれる農地が、2022年から一斉に売却可能となり地価暴落に発展するのではと懸念されるものです。1972年に制定された「生産緑地法」で、都市部の緑地や農地を守る目的でしたが、30年間という期限が2022年から解除されるので、相当な面積が市場に出回り、周辺だけでなく全国規模にまで地価下落すると囁かれています。しかし、逆にビジネスチャンスとする向きもあり、実際にはどうなるか分かりませんが、今後は何度もメディアで取り上げられる話題であるのは間違いありません。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事