13歳、真夏の大冒険(じゅうさんさい、まなつのだいぼうけん)

「13歳、真夏の大冒険」とは「東京五輪のスケートボード女子で金メダルを獲得した西矢選手を称えたフジテレビ・倉田アナウンサーの名実況」です。13歳という日本の五輪史上最年少の若さで金メダルを獲得するという偉業を成し遂げた西矢選手を称えた見事なフレーズで、その一度聞いたら忘れないインパクトから彼女を象徴する言葉になったと言っても過言ではありません。それではより詳しい解説をさせて頂きます。

[adstext]
[ads]

13歳、真夏の大冒険の意味とは

「13歳、真夏の大冒険」の意味は以下の通りとなります。
(1)東京五輪・スケートボード女子ストリートで金メダルを獲得した西矢椛(にしやもみじ)選手を称えて、テレビ放送を中継したフジテレビ・倉田大誠アナウンサーが興奮から感極まって絶叫した名フレーズで、2021年の「新語・流行語大賞」にノミネートされるほどインパクト絶大だった。
(2)フジテレビのアナウンサー・倉田大誠さんが、東京五輪・スケートボード競技で西矢椛選手が13歳という日本史上最年少で金メダルを獲得するのが決定的となり、最後の演技が終わると興奮から「決まった! 13歳、真夏の大冒険!」と大絶叫をして話題になった。
「13歳、真夏の大冒険」は簡単に言えば、フジテレビのアナウンサー・倉田大誠がテレビ中継時に大絶叫をした名言です。本来は冷静に務めて正確に物事を伝えるのがアナウンサーの役目なのですが、歴史的な快挙を前にして我を忘れて大興奮・感動をしてしまったのです。さらに深掘りすると、西矢選手は13歳という現役中学2年生でありながらムラサキスポーツに所属するプロ選手で、そんな背景から五輪大会前から注目度が高かったのですが、7月26日の東京五輪・スケートボード女子ストリート決勝戦で、緊張などを押しのけて堂々とした演技から金メダルがほぼ確定となり最後の5回目のトリックが決まった瞬間に、倉田アナウンサーは我慢できなかったのか「決まった! 13歳、真夏の大冒険!」と大絶叫をしてSNS等でも大きな話題となり、「新語・流行語大賞」にもノミネートされたのです。東京五輪に関係する流行語は多数登場しましたが、今回は選手本人ではなくアナウンサー発という背景から一部の心無い人々からは批判の声も上がっていますが、日本史上最年少の金メダリストと一度で覚えられる名フレーズと称賛する声も当然ながら相次いでいます。賛否両論ありますが、今年を象徴する言葉であるのは間違いありません。

13歳、真夏の大冒険の由来

「13歳、真夏の大冒険」の由来は上記のように、フジテレビ・倉田アナウンサーが東京五輪のスケートボード競技で西矢選手の金メダル獲得が決定した時に感極まって絶叫した言葉です。

13歳、真夏の大冒険の文章・例文

例文1.最初はボーっと観ていたが、13歳、真夏の大冒険とアナウンサーが絶叫をするとこちらも感極まってうれし泣きをしてしまった。
例文2.13歳、真夏の大冒険が名フレーズだと言ったら、彼女からキモいと批判されショックを受けた。
例文3.西矢選手にとっては東京五輪の金メダルと13歳、真夏の大冒険というフレーズは生涯の宝物になった事だろう。
例文4.現在31歳の俺が13歳、真夏の大冒険から自身の同時期を振り返ったら、あまりの落差に落ち込んで鬱になった。
例文5.世界を股に掛ける13歳、真夏の大冒険という金メダル少女と、年下上司に説教をくらって涙が溢れそうになる四十男のどちらに価値があるのか、残酷だが100人ぐらいに意見を聞きたい。
「13歳、真夏の大冒険」を半ば無理やり使った例文となります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

13歳、真夏の大冒険の会話例

  • 質問者アイコン

    やっぱりスポーツっていいね。素直に感動ができるよ。

  • 回答者アイコン

    どうしたの? 何か変な物でも食べた?

  • 質問者アイコン

    違うよ。昨日の五輪だよ、スケボー! 観なかったの、13歳、真夏の大冒険を。

  • 回答者アイコン

    ん? 13歳、真夏の大冒険ってエロ系? 職場で止めてよね、変な事を言うの。

同僚男女の会話風景で、前日のスケボーに感動している男性と何を言っているのかまったく分からない女性のやり取りです。

13歳、真夏の大冒険の類義語

「13歳、真夏の大冒険」の類義語には、同じく東京五輪で流行った「エペジーン」「カエル愛」「ピクトグラム」「ゴン攻めぼったくり男爵」などの言葉が挙げられます。

13歳、真夏の大冒険まとめ

「13歳、真夏の大冒険」は東京五輪のスケートボード女子で日本史上最年少の金メダルを獲得した西矢椛選手を称える言葉で、フジテレビでの試合中継時にアナウンサーの倉田大誠さんが感極まり絶叫した事からTwitterなどで盛り上がり「新語・流行語大賞」にまでノミネートされました。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事