10000時間の法則で大事を成す

10000時間の法則(the law of 10,000 hours)

皆さんは10000時間の法則という言葉を聞いた事があるでしょうか。特にスポーツや何かの習い事をしていた、もしくは今もしているという方はよく知っている言葉かと思います。しかし、これは何もスポーツや習い事だけに当てはまる法則ではありません。色々な場面で利用出来る言葉ですし、世の中のあらゆる物事に普遍的に通じる概念ですので、もし知らなかったという方はこれを気に覚えていってください。

10000時間の法則の意味とは

皆さんはよく石の上にも三年という言葉を耳にするのではないでしょうか。実は、今回の10000時間の法則はまさにこの諺ともリンクするのですが、一言で言えば「トッププロになりたければ、その分野を10000時間やりこまなければいけないよ」という事です。一般的に、プロと呼ばれるレベルの人たちは皆この10000時間という期間を経ています。もっと具体的に言うと、1日約9時間を毎日続けた先に10000時間という数字が待っている事になります。言い換えれば、「トッププロになりたければ、3年間は辛抱しろよ」という事で、これがいわゆる石の上にも三年という事になります。

10000時間の法則の由来

由来については先ほどご紹介した通りです。大概の方が3年続かずにリタイヤしてしまうため、3年間続けるというのは非常にレベルの高い事だと分かります。また、単に3年間やれば良いというわけではなく、3年間集中し続けている事が大前提になります。

10000時間の法則の文章・例文

例文1.10000時間の法則を意識して今後自分が力を入れていくべき分野を設定する
例文2.トッププロになりたければ10000時間の法則くらい達成しなければ話にならない
例文3.10000時間の法則とは言ってもダラダラ過ごした1万時間とやり切った1,000時間では後者の方が価値がある
例文4.10000時間の法則という言葉を受けて、表面的に10000という数字を追ってはいけない
例文5.私はこれまでのキャリアの中で、営業、英語、金融の3つの分野でそれぞれ10000時間の法則を達成する基準で経験を積んできた
10000時間の法則はスポーツだけでなく、仕事でも全く同じ事が言えます。全ての分野に通じていますので、逆に1つの分野で出来た人は後も楽になります。

10000時間の法則の類義語

この言葉の対義語は特にありませんが、「石の上にも三年」は関連語として取り上げる事が出来るでしょう。

10000時間の法則まとめ

いかがでしたでしょうか。
改めて10000時間の法則についてご理解頂けましたら幸いです。いつからやったら遅いという事は無いため、自分が意識しようと思ったタイミングで意識してみてください。普段の仕事に対する意識もだいぶ違ってきます。それを意識して仕事をするのと意識しないで仕事をするのでは、それこそ3年後の自分の未来が大きく変わりますので、是非とも試してみてください。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事