5Gとは第5世代移動通信システムの略です。

5G(5th Generation)

通信業界でよく出てくる言葉である「5G」って聞いたことありますか?「なんか携帯関連で聞いたことあるかも」という人も多いでしょう。特に携帯は「3G」「4G」「LTE」「WiFi」などなど、よくわからない単語がいっぱい!この記事では「5Gとは何なのか」について見ていきます。

5Gの意味とは

5Gとは「Fifth Generation」=第5世代移動通信システムの略で、最新の通信システムを指して言います。
移動通信システムってなんだろう?と思われるかもしれませんが、要は携帯の電波などモバイル通信に関係する言葉です。
携帯電話が普及し始めた90年代以降、通信システムは年々進化を遂げ、以前では考えられなかった通信速度を実現しています。
5Gは、1:今まで以上の通信速度、2:情報伝達の低遅延、3:今まで以上に複数の機器を同時にインターネットに接続できる性能を持っており、期待されています。
特に3つめの多接続機能が今後は役に立っていくと考えられています。あらゆるビジネスや生活用品がどんどんインターネットへの接続が必要になってきている時代です。その接続機器の増加は爆発的に増えていくと予想されており、その意味では5Gの多接続性能は非常に役立つでしょう。

5Gの由来

5Gの前は1G~3G・3.9G(LTE)と発展してきました。数字が若いほど昔使われていたという捉え方で合っています。
現状の主流は4Gで、これでもかなり高速化されているのですが、2020年の東京オリンピックに向けて、現在さらに高い技術で開発された5Gの普及に向けて整備されています。

5Gの文章・例文

例文1.5Gが実現すれば、さらに高速化が進む
例文2.現状では正直5Gがなくても問題を感じない
例文3.5G開発にみんな躍起になっている
例文4.5Gの普及まであと一歩だ
例文5.5Gの普及によって生活も変わるだろう
多接続が可能な5G。私たちの生活がどのように変わるのか、怖いようでわくわくしますね。

5Gの会話例

  • 質問者アイコン

    5Gを企業に積極的に導入することは果たして意味があるだろうか?

  • 回答者アイコン

    もちろん移行は大変だろうけれど、先行者利益が得られる可能性も十分にあるね。

  • 質問者アイコン

    純粋に通信遅延がなくなるだけでも、確かに魅力はあるが。

  • 回答者アイコン

    現状へのメリット以上に、5Gをより生かすためのアイデアも必要だね。

5Gによって、ビジネスの形も大きく変わるかもしれません。企業の形も変えて行く必要があるでしょう。

5Gの類義語

5Gの類義語としては、それまでの通信システム、1G(アナログ通信)・2G(デジタル通信)・3G(国際規格の高速データ通信)・3.9G(LTEが一般的)・4G(スマートフォンに代表される高速通信)が挙げられます。

5Gまとめ

ここまで5Gについて見てきました。
科学の進歩により、あらゆるものがどんどん高速化されていく時代。それに伴って、社会の在り方も変化していくに違いありません。今後の普及に注目ですね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事