魔女狩りで迫害を受ける女性

魔女狩り(まじょがり)

「魔女狩り」とは「古代ヨーロッパの異端者を迫害する行為で、現在は少数派への弾圧や排斥行為の事」です。かつての多数派は欧州ではキリスト教で、現在は日本では保守派などになります。学校でのイジメ、コロナ関係者への仲間外れや嫌がらせは現代版の「魔女狩り」にあたり、誰もがこれはおかしいと分かっているのに、なぜか一向になくならないのは不思議で仕方がないですよね。そんな集団による少数を排斥する「魔女狩り」の解説となります。

[adstext]
[ads]

魔女狩りの意味とは

「魔女狩り」の意味は以下の通りとなります。
(1)古代ヨーロッパのキリスト教徒の間で行われた異端者を魔女として拷問や迫害に及ぶ行為。
(2)キリスト教信者の異常心理が及ぼす迫害行為で、魔女裁判や異端審問の事。
(3)魔女裁判から現在は、集団の同調などで特定人物を疑わしいという理由だけで罰する事。
(4)権力側や多数派による少数派を貶めて排斥する行為。
(5)「魔女裁判」「魔女審判」「異端審問」も同義。
13世紀から18世紀にかけては、現在の先進国とされるヨーロッパの法治国家の間でもとんでもない迫害行為が平然と行われていて、その代表となるのが「魔女狩り」(魔女裁判)です。本来は、悪魔であり悪魔的な力で害悪を及ぼす者を「魔女」としたのですが、それが当時のキリスト教信者の間では、暴力などの犯罪行為をした者からユダヤ人や思想や精神が異質と認定された者など、要はキリスト教以外の信者は誰彼構わず不当な理由によって異端者とされ「魔女狩り」という宗教裁判をかけられ、その結果は反論の余地もなく、投獄や拷問され最後は処刑や追放されたのです。これは宗教の力を借りた集団の異常心理がもたらす弾圧行為ですが、18世紀になると啓蒙思想が普及して勢いが失速していきます。しかし、宗教の名による弾圧めいた「魔女狩り」は無くなっても、規模を小さくした実質上の「魔女狩り」は時代が変わっても延々と続いています。職場や学校での集団いじめ・集団無視は「魔女狩り」そのものですし、何よりも最近はコロナ感染者を誹謗中傷したり、医療関係者の子供が通う事を保育園が拒否したり、帰省した他県ナンバーの車をいたずらするなど、どんなに文明が発達しても「魔女狩り」は悪い意味で受け継がれています。現代ならではの違いとしては、今ではSNSがあるので「魔女狩り」されている方が黙っているだけでなく、声を上げて反論する機会がある事です。「魔女狩り」する方は深く考えずに行っている場合もあるので、社会的な問題として発展すると今度は途端に威勢がなくなるのです。従って、かつてはキリスト教という大きな力と、悪魔を退治するという名目があったので好き勝手出来たが、現在はこの印籠めいたものがないので、「魔女狩り」と言いつつも強固に続けるのは少なくても日本や先進国では限りなく難しいです。

魔女狩りの由来

「魔女狩り」の由来は、古代ヨーロッパに深く根付いていた魔女信仰です。旧石器時代から祈祷師や呪術師を「シャーマン」と呼び、そこで行われていた占いや巫術などを時として魔法と認定しました。魔法を使うのは多くが女性だったので「魔女」となり、これが悪魔信仰とも結びついて異端者を危険視して「魔女狩り」へと発展したのです。

魔女狩りの文章・例文

例文1.人種差別は魔女狩りという認識が日本では定着していない。
例文2.仏教国である日本は西洋とは違う村社会や同調圧力で独自の魔女狩りを行ってきた歴史がある。
例文3.妻が「子供の集まりで魔女狩りされた」と弱音を吐いたので、「気にするな」とフォローした。
例文4.コロナ渦での自粛警察は、魔女狩りをしている自覚がないので困ったものだ。
例文5.ネット上は魔女狩りだらけで、女性芸能人が作った弁当中身や軽自動車や収入低い人を貶したりと実にバカらしく、大昔よりも悪魔が増えている様に感じてしまう。

「魔女狩り」を現代に当て嵌めた例文パターンとなります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

魔女狩りの会話例

  • 質問者アイコン

    正直、コロナ感染よりも魔女狩りの方が恐ろしいよね。

  • 回答者アイコン

    東日本大震災の時はあれだけ団結や協力を呼びかけたのに、ウイルスが蔓延したら今度は急に同調圧力だものね。

  • 質問者アイコン

    中でも、他県ナンバー狩りとか感染者への嫌がらせとか。なんでそんな事をするんだろうね?

  • 回答者アイコン

    みんな大バカなんでしょう。だって、もし感染者に嫌がらせしたら、その人が頭にきてよけいに広めるかもって、予想ができるでしょう。

コロナ渦での「魔女狩り」について、男女2人が会話をしています。

魔女狩りの類義語

「魔女狩り」の類義語には、「宗教裁判」「踏み絵」「赤狩り」「焚書坑儒」などの言葉が挙げられます。

魔女狩りまとめ

「魔女狩り」とは、古代ヨーロッパで長年行われてきた異端者を魔女として不当な弾圧に及ぶ行為です。キリスト教以外の信者やユダヤ人、或いは思想などが違うものを「魔女」として処刑し、現在はいじめや仲間外れ的な行為の喩えとして「魔女狩り」が使われます。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事