高齢者ドライバーの目線

高齢者ドライバー(こうれいしゃどらいばー)

最近ニュースで高齢者ドライバーの交通事故が話題になっています。おそらくもっと前から高齢者の事故は多かったのだと思いますが、痛ましい事故が続き多く取り上げられるようになりました。この「高齢者ドライバー」とはどいうものなのでしょう、これから解説していきます。

高齢者ドライバーの意味

・65歳以上の高齢者が車の運転をすること。
・免許更新時の高齢者講習を受けなければならないドライバーの年齢は70歳で、70歳以上の高齢者が車の前後に付ける運転者標識がもみじマークになります。
・高齢者講習前の認知機能検査は75歳からになるようです。

高齢者ドライバーの由来

高齢者が運転をしているのでこのように呼ばれています。

高齢者ドライバーの文章・例文

例文1.また高齢者ドライバーが交通事故を起こしたと報道された
例文2.高齢者ドライバーの大半が「自分はまだ大丈夫」と言い張っている
例文3.アクセルの踏み間違いが高齢者ドライバーの事故の理由として多い
例文4.急に後ろからぶつかってきた車の運転手に注意したら高齢者ドライバーだった
例文5.父は高齢者ドライバーだけど安全運転で公道を走っている
全ての高齢者ドライバーが危ないわけではありませんが、脳や身体の機能は突然下がる場合もあるので、本にも周りの人も意識する必要がありますね。

高齢者ドライバーの会話例

  • 質問者アイコン

    またニュースで高齢者ドライバーの交通事故が取り上げられてるよ。

  • 回答者アイコン

    また?最近多いね。
    やっぱりアクセルとブレーキの踏み間違いが多いんだね。

  • 質問者アイコン

    踏み間違えて暴走とか、怖いね。

  • 回答者アイコン

    僕の両親も高齢だから注意しておこう。

高齢者は反応が鈍くなるものです。車を暴走させてしまった時元々低下気味の脳の機能と焦りで判断が遅くなり、アクセルを踏みっぱなし、ブレーキを踏めないなどで事故を起こしてしまうことが多いようです。

高齢者ドライバーの類義語

「高齢者ドライバー」に似ている言葉は「高齢者運転手」「熟年ドライバー」などが挙げられます。

高齢者ドライバーまとめ

やはりどの世代にとっても車は買い物や移動、荷物の運搬に便利で必要に感じる方は多くいらっしゃいます。高齢者になったから今すぐ免許を返納するべきと思いがちですが、体力的な問題もあり歩行や電車では移動が厳しい方ばかりです。家族ともなかなか生活が合わなくて迷惑をかけまいと一人で頑張ってしまう方や、自分はまだ衰えていないと思っている高齢の方が多いのが現状です。高齢者について理解を深めながら、家族や周りの人がどのようにフォローしていくかも問題解決に重要なことなのではないでしょうか。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事