高度プロフェッショナル制度

働き方改革に付随する内容として注目を集めている高度プロフェッショナル制度ですが、2018年の流行語対大賞にもノミネートされた注目のワードなので、ここで説明をしていきましょう。

高度プロフェッショナル制度の意味とは

高度プロフェッショナル制度の意味は高度な専門知識を有して、水準以上の給与や年収を得ている人については労働規制の対象から外すというものです。労働時間に対しての賃金という概念がなくなり、自由な時間で働く事が可能になるというもの。略した呼ばれ方で「高プロ」とも言われている。

高度プロフェッショナル制度の由来

高度プロフェッショナル制度は2014年の産業競争力会議雇用にて、「個人と企業の成長のための新たな働き方」のひとつとして提起されて、2018年に働き方改革関連法案に盛り込まれた。

高度プロフェッショナル制度の文章・例文

例文1.高度プロフェッショナル制度は働き方改革関連法案の注目された中身の一つである
例文2.高度プロフェッショナル制度の対象者は研究開発職・コンサルタント・証券アナリストなどだ
例文3.高度プロフェッショナル制度の対象想定年収は1075万円とされる
例文4.高プロの仕事についている男性は魅力的だ
例文5.働き方改革の一つとして高プロは注目をされている
高度プロフェッショナル制度の対象となる業務や職種については、縛りではなく個人の能力や裁量がある程度求められるケースが多いと言える。

高度プロフェッショナル制度の類義語

高度プロフェッショナル制度の類義語としては、「ホワイトカラー・エグゼンプション」や関連用語として「働き方改革」があげられる。

高度プロフェッショナル制度まとめ

昨今なにかと話題になっている高度プロフェッショナル制度も導入に向けて、多くの検討すべき余地は残しており、改善が求められている。ただこの高度プロフェッショナル制度によって、働き方改革が推進されると期待される声もまた上がっている。

この記事を読んでいる人に人気の記事