骨格診断(こっかくしんだん)

骨格診断」とは「筋肉や骨の付き方から各々に似合う洋服を選ぶファッション分析」です。どんなにオシャレでも自分に似合っていないと、周囲からは評判が悪いですよね。逆にシンプルでも似合っているととてもオシャレに感じるものです。これまでは太っているや痩せている、顔の良し悪しといった漠然とした理由からオシャレの是非を烙印される事もありましたが、現在は筋肉や骨格の付き方から似合うファッションを判断する「骨格診断」が主流となりつつあります。それでは詳しい解説に入らせて頂きます。

[adstext]
[ads]

骨格診断の意味とは

骨格診断」の意味は以下の通りとなります。
(1)人それぞれの筋肉や骨格違いによってファッションを変え、流行などよりも自分に合う洋服を取り入れて楽しむ理論であり判断をする事。
(2)体型診断から派生したファッション用語で、男女関係なく人それぞれ生まれ持った身体の特徴から洋服のコーディネートをする手法や分析。
(3)「骨格スタイル分析」「骨格タイプ」も同義。
”骨格”は「動物の体を支え内臓を保護する構造物」「物事の中心」「骨組み」、”診断”は「医者が患者を診察して病状を判断する事」「物事の実情から判断する事」ですが、二つを合わせた「骨格診断」(骨格スタイル分析や骨格タイプも含む)は近年注目のファッション用語で、自分に似合う洋服スタイルを身体の骨や筋肉など体格から判断します。大半の人は太っているや痩せている、或いは身長や年齢で似合うファッションを自己流に判断しますが、実はこれは誤りで、筋肉や脂肪の付き方や関節の大きさから3タイプに分類すると、自然と似合う洋服が分かるのです。
・ストレート…筋肉がつきやすく立体的な特徴を持つ身体タイプ
・ウェーブ…脂肪が付きやすく骨が細い特徴を持つ身体タイプ
・ナチュラル…手足が長く骨格がしっかりしている特徴を持つ身体タイプ
例えば、ストレートタイプならシンプルファッション、ウェーブなら派手なファッション、ナチュラルならゆったりやカジュアルが似合うとされるのでそれを基本的な柱として、後は適度に自分の好みや流行を取り入れるとオシャレなファッションとなるのです。さらには、「骨格診断」によって似合うファッションが判明すれば、髪型やメイクなども合わせてよりスタイリッシュで洗練された大人になれるのです。

骨格診断の由来

骨格診断」の生みの親とされる人物が骨格診断研究家・拓植裕子さんで、それを受け継ぎ現在のファッションの定番にまで発展させたのが骨格診断アナリスト協会代表理・二神弓子さんです。二神弓子さんらが1996年に個人向けレッスンを始め、それが評判となりファッション業界で注目を集めて現在に至ります。

骨格診断の文章・例文

例文1.これまでファッションに自信が無かったが骨格診断で新しく生まれ変わった。
例文2.兄や姉にも骨格診断を教えたら、既に取り入れていると軽くあしらわれた。
例文3.正直なところ、あまり骨格診断が普及すると街にはオシャレな人が溢れてしまうので複雑なところがある。
例文4.私の骨格診断はストレートだが、気になる彼女との相性も一緒の方が良いのか最近は気になる。
例文5.骨格診断の同じ者同士が結婚をして、生まれた娘が別の診断だと我が子なのかと疑ってしまう。
ファッションやそれ以外でも「骨格診断」を使った例文です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

骨格診断の会話例

  • 質問者アイコン

    ネットで冬服を買おうと思うんだけど…。

  • 回答者アイコン

    どんな洋服が似合うか分からないって事ね。

  • 質問者アイコン

    そうなんだよ。自分ではこれが似合うと思って買うと、周囲から評判が悪くて、正直落ち込むよ。一体どんな服が俺に似合うのか、誰か教えてくれー。

  • 回答者アイコン

    そんな人にバッチリなファッションスタイル分析が「骨格診断」よ。これさえあればどんな人でもすぐに自分に似合うファッションが分かるのよ。

ファッションに自信を無くした彼氏に「骨格診断」を紹介する会話です。

骨格診断の類義語

骨格診断」の類義語には、「パーソナルカラー診断」「ファッションテイスト」「トレンド分析」などの言葉が挙げられます。

骨格診断の対義語

骨格診断」の対義語はありません。”骨格”の対義語は「筋肉」「皮膚」、”診断”は「受診」「診察」「受講」などの言葉が挙げられます。

骨格診断まとめ

骨格診断」はファッション用語で、自分自身に似合う洋服を知るスタイル分析です。男女関係なく生まれ持った筋肉や骨の付き方からファッションを判断するので、従来の顔や体型に判断されない斬新さが大勢から支持を集めています。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事