馬鹿と鋏は使いよう(ばかとはさみはつかいよう)

「馬鹿と鋏は使いよう」とは「鋏は使い方を間違わなければ切れる様に、その人を理解すれば個性が見えてきて能力が発揮できること」です。鋏は使い方を知らなければ物を切ることができません。馬鹿と言うと現代では少し過激な意味にも聞こえる言葉で、使うには躊躇されがちな「ことわざ」です。しかし意味をちゃんと知る事ができれば、チームのリーダーや経営者など部下を持つ方には、特に意味のある言葉です。人によってはピンとイメージの来ない、この「馬鹿と鋏は使いよう」の言葉の詳しい意味をこの記事では解説していきます。

[adstext]
[ads]

馬鹿と鋏は使いようの意味とは

「馬鹿と鋏は使いよう」の意味は「鋏は使い方を間違わなければ切れる様に、その人を理解すれば個性が見えてきて能力が発揮できること」です。現代では人に向かって馬鹿と言う言葉を使う事が軽蔑されていますので「人に向かって使うべきではない」と勘違いされてしまいがちな「ことわざ」です。人を馬鹿にする様な揶揄する言葉ではなく、チームのリーダーや経営者など下に部下など率いる方に対して、使われる言葉です。意味を知らない人が聞くと、その人に仕える方が馬鹿と言っている様なニュアンスに聞こえるために、この「ことわざ」に対して認識がある人同士で使用しないと、誤解を招く恐れがあります。

馬鹿と鋏は使いようの由来

「馬鹿と鋏は使いよう」の由来は、出所が正しい物は不明です。ただ昔の鋏は今の物とは違い、上手に使わないと上手く切れませんでした。そのために色んな人に丁寧に鋏の使い方を教える必要がありました。そこから語源になっているのではないか、と言われています。また聡明な人を「頭が切れる」と例える事から、鋏と同じように「切れるもの」で例えたのが、このことわざではないかとも言われています。

馬鹿と鋏は使いようの文章・例文

例文1.上に立つ方は「馬鹿と鋏は使いよう」このことわざの意味を正しく知るべきである。
例文2.どんな人でも仕事の方法を正しく教えれば必ず役に立つ。「馬鹿と鋏は使いよう」だ。
例文3.人に馬鹿という言葉を使うべきではないが、「馬鹿と鋏は使いよう」だ。
例文4.この人は作詞は得意で作曲は苦手だ。「馬鹿と鋏は使いよう」でその人の得意な方を伸ばして行きたい。
例文5.「馬鹿と鋏は使いよう」で下に立つ方に寄り添う必要がある。
「馬鹿と鋏は使いよう」を使った例文です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

馬鹿と鋏は使いようの会話例

  • 質問者アイコン

    チームで上に立つ人は「馬鹿と鋏は使いよう」だから、ちゃんと部下に寄り添わないといけないよね。

  • 回答者アイコン

    馬鹿って言葉で勘違いしてしまいがちだけど、その人の良さや特徴をするべきってことだよね。

  • 質問者アイコン

    意味を知らないで、馬鹿にされたと勘違いする人もいるよね。

  • 回答者アイコン

    人でも物でも。それぞれちゃんと知れば個性や能力があるってことだよね。

チームのリーダーがチームを上手く運用するために「馬鹿と鋏は使いよう」を会話で使う様子です。

馬鹿と鋏は使いようの類義語

「馬鹿と鋏は使いよう」の類義語に「阿呆と剃刀は使いようで切れる」「物は使いよう」などがあります。

馬鹿と鋏は使いようの英文

「馬鹿と鋏は使いよう」の英文は「Everything comes in handy when used right」です。

馬鹿と鋏は使いようまとめ

「馬鹿と鋏は使いよう」は「鋏は使い方を間違わなければ切れる様に、その人を理解すれば個性が見えてきて能力が発揮できること」という意味のことわざです。「馬鹿」と言う言葉があり、使い所を選ぶのがこのことわざで「まさに使いよう」というわけですね。昔とは違い、現在では誰でも綺麗に切れるようなもの、大きさに合わせて切りやすいもの、怪我しにくいものなど様々な鋏が、賢明な先人の努力によって生まれてきました。鋏を使って上手く切れないということが現代の人はちょっとイメージが付かないかもしれません。この「ことわざ」からは、鋏への歴史、鋏を作ってきた人に感謝の気持ちを学ばさしてくれる、深い意味も持つ「ことわざ」です。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事