首都直下地震の危機

首都直下地震(しゅとちょっかじしん)

日本は元々地震が多い国とされており、2018年は2179回も地震が起きていたそうです。震度5以上の地震も多く発生しており被害はとても大きいものでしたが、今後それ以上の被害が出る恐れがあるとして話題となっているのが「首都直下地震」です。どういったものなのかその言葉の意味や使い方を解説していきます

首都直下地震の意味

政府の地震調査委員会が公表したもので、70パーセントの確率で、複数の震源による地震で都心南部の直下で起きるマグニチュード7程度の大地震が起きると予測したものになります。いつになるかは定かではありませんが今後30年以内に起こるとされています。

首都直下地震の由来

由来というわけではありませんが、こちらは江戸時代頃から大正までの関東震災などの過去地震の記録をもとに予想されている地震になります。さらにその震災による死者は2万人以上と予測されており、そのうちの半数以上は火災が原因によるものとされています。

首都直下地震の文章・例文

例文1.首都直下地震でビルの倒壊などの危険も予想される
例文2.いつ起きるかわからないから今のうちに首都直下地震に備えよう
例文3.首都直下地震による大きな被害は人身だけでなく交通や経済にまで及ぶと見られる
例文4.首都直下地震なんて起きないでほしい
例文5.首都直下地震による被害は数十年経っても立て直すことが困難だと思われる
電気や水道、交通経路も首都圏に集中しているため被害は大きく、その混乱は長期化してしまうと予想されています

首都直下地震の会話例

  • 質問者アイコン

    首都直下地震が今後30年以内に起こるらしいよ

  • 回答者アイコン

    今朝のニュースでも見た。怖いね、そうなったらどうしよう、物資とか集めておいたほうがいいよね?

  • 質問者アイコン

    いっそ海外に行っちゃうか?

  • 回答者アイコン

    確かに自分の命のためならそれも考えていいけど、友達も家族も心配だわ

首都直下地震の対策を考える二人の会話になります

首都直下地震の類義語

類義語には「南関東直下地震」や「首都圏直下地震」「首都直下型地震」「縦揺れ」などが挙げられます

首都直下地震まとめ

いつ起こるかわからない大地震。もしかしたら明日かもしれないし小さな揺れで治るかもしれません。この首都直下地震の死者2万以上を予測していますが、建物の耐震化や火災対策を徹底して行えば被害を10分の1にまで抑えられるとされています。大事なものを失わないように工事や対策を考えてみてはいかがでしょうか。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事