飲酒運転を犯してしまった

飲酒運転(いんしゅうんてん)

最近、何かと交通事故の話題を耳にすることがあるかと思います。ニュースで取り上げられているだけでもかなりの数がありますが、ニュースになっていないものも含めると全国でかなりの数の交通事故が起こっています。そんな交通事故ですが、事故を起こした側の状況や状態によっても、その後が大きく変わってきます。中でも重く罰が課せられるものの一つとして「飲酒運転」に関して改めて説明をしていきたいと思います。

飲酒運転の意味とは

飲酒運転とは、飲酒後にアルコールが残っている状態で車両を運転することを指します。一般的には車での飲酒運転が取り上げられることが多いですが、バイク・自転車・船・飛行機といった乗り物を運転するにあたって、すべての乗り物が飲酒運転の対象になります。
血中もしくは呼気中に一定以上のアルコール濃度が有ることを「酒気帯び運転」といい、数値に関係なく運転能力を欠いた状態を「酒酔い運転」といいます。

飲酒運転の由来

飲酒運転そのものは、車両の歴史が誕生した時からあるものですが、日本における罰則の誕生はというと、1970年に飲酒運転に対する罰則が誕生したとされています。その後2002年・2007年・2009年と時代を経るごとに罰則が強化されていきました。

飲酒運転の文章・例文

例文1.また飲酒運転での交通事故があったらしい
例文2.飲酒運転での交通被害者が増加している
例文3.飲酒運転での罰則を強化すべきだ
例文4.飲酒運転での被害が減らないことに胸が痛む
例文5.飲酒運転は絶対にやらない
メディアでも耳にすることが多いため、例文のように会話の中で使うことも多いのではないでしょうか。ついでに実際の会話例としてもみてみましょう。

飲酒運転の会話例

  • 質問者アイコン

    結構お酒飲んでるけど、今日はどうやってきたの?

  • 回答者アイコン

    今日は車で来たんだけど、
    どうやって帰ろうかと思って。

  • 質問者アイコン

    飲酒運転だけは絶対にダメだよ。
    一発で免許取り消しになっちゃうからね。

  • 回答者アイコン

    もちろん、タクシーか代行を使うつもりだよ。

周りに飲酒運転をしようとしている知人がいたら、必ず止めてあげてください。

飲酒運転の類義語

上記でも軽く触れましたが、「酒気帯び運転」や「酒酔い運転」は飲酒運転と同じ意味の言葉になります。ただし、この2つでは刑罰の重さは変わってきます。

飲酒運転まとめ

飲酒運転はその行為が警察に知れた場合、道路交通法の中でも重い違反として罰則が科されます。自身が行わないように心がけることはもちろんですが、友人・知人に飲酒運転を実行しようとしている人がいたら、必ず止める心構えでいてあげてください。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事