飲みニケーションをやった

飲みニケーション(のみにけーしょん)

コミュニケーションを取るための手法というが、現代では様々なやり方があります。大別するなら直接なのかそれともSNSやチャットツールを活用して間接的になのかにもよりますが、直接的なコミュニケーションの手法の一つとして「飲みニケーション」というものがあります。この言葉の意味や使い方について解説をしていきたいと思います。

飲みニケーションの意味

飲みニケーションというのは、社会人におけるコミュニケーション手法の一つで、お酒を交えてコミュニケーションを図るというものです。主には会社員や成人した大学生の間で行われる手法で、居酒屋やバーといったお酒を飲む店で行われます。お酒を交えることによって、ファーストコンタクトの壁を低くしたり、普段話せないようなことを話せるようになり交友関係が深まるということにつなげることができます。
ただし、過度にお酒が入ってしまうと記憶がなくなってせっかく深めた交友関係が意味がなかったことになってしまったり、感情が高ぶって喧嘩になるなどの可能性もあるので、適度な量がいいのではないでしょうか。

飲みニケーションの由来

この言葉の語源は、「飲み」という単語と「コミュニケーション」という単語をそのまま掛け合わせたところから来ています。そのままなのでとてもわかりやすいですね。

飲みニケーションの文章・例文

例文1.飲みニケーションで関係を良くする
例文2.来週は飲みニケーションを実施する
例文3.新入社員同士の交友をはかるために、飲みニケーションを開催する
例文4.飲みニケーションはどのくらい効果的なんだろう
例文5.今日は飲みニケーションに行こう
近年では、会社における新入社員との交友のために会社制度として実施している企業も多いようです。

飲みニケーションの会話例

  • 質問者アイコン

    来月から新入社員が20人入ってくるから、飲みニケーションを企画してくれる?

  • 回答者アイコン

    わかりました。
    どういうお店がいいですか?

  • 質問者アイコン

    店はお酒が飲めればどこでもいいんだけど、多少盛り上げるためのコンテンツを用意した方がいいかな。

  • 回答者アイコン

    わかりました。じゃあ今週中に場所も含めて企画します。

このような飲みニケーションの企画の仕方もあります。

飲みニケーションの類義語

飲みニケーションを別の言葉で例えるなら、「飲み会」や「歓迎会」や「交流会」といったような言葉でも同じような意味になります。

飲みニケーションまとめ

飲みニケーションは確かにコミュニケーション手段の一つではありますが、会社での強制的な会への参加は一歩間違えばパワハラやアルハラにつながってしまうので要注意です。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事