食中毒のようだ

食中毒(しょくちゅうどく)

夏の時期に気をつけなければならないことの一つが、「食中毒」でしょう。当たり具合によっては命を落とすような症状へと発展する恐れもあるものです。では、食中毒とはそもそもどういうものなのでしょう?言葉の使い方とともに簡単に解説をしていきたいと思います。

食中毒の意味

食中毒というのは、細菌やウィルスが繁殖している飲食物を口にすることで、健康に何かしらの悪影響を及ぼす病気のことです。細菌やウィルスの種類は多種多様なため、その対策もどのような症状なのかによって変わってきます。
食中毒の原因は、大きく分けて4つあります。
1.細菌性食中毒=細菌に汚染された飲食物を口にすることで発症します。細菌が繁殖しやすい夏に流行しやすいです。
2.ウィルス性食中毒=ウィルス汚染された飲食物を口にすることで発症します。ウィルスが活発になる冬に流行しやすいです。
3.自然毒中毒=自然界にある毒素を口にすることで発症します。多いのは毒を持っているキノコ類を口にすることです。
4.寄生虫感染=魚介類や肉類に潜んでいる寄生虫が原因による食中毒です。
食中毒による症状も、上記の4つのどのタイプによるものかで変わってきます。

食中毒の由来

日本で確認されている食中毒の歴史は、古いもので1925年に岐阜県における祭礼の会食で400人以上の集団感染が確認されたもので、その際には9人の死亡が確認されています。

食中毒の文章・例文

例文1.食中毒にならないように気をつけよう
例文2.そのカレーは作ってから時間が経っているから食中毒になる恐れがある
例文3.食中毒が怖いから古いものには手をつけないでおこう
例文4.生の肉は食中毒の危険もある
例文5.冬はウィルスによる食中毒が流行る傾向にある
毎年、年間での食中毒者が数万人は確認されているため、年間を通して気をつけなければなりません。

食中毒の会話例

  • 質問者アイコン

    さっきから何だかお腹が痛いんだよね。

  • 回答者アイコン

    大丈夫!?
    何か変なもの食べたの?

  • 質問者アイコン

    出してあったカレーを昼間に食べたんだけど。

  • 回答者アイコン

    出しっぱなしにしてあったやつ!?食中毒かもしれなから、病院に行こう!

特に夏に常温で置いてある調理食品は細菌が発生しやすいので、要注意です。

食中毒の類義語

食中毒に近い意味の言葉としては、「食あたり」であったり「胃腸病」といった言葉が挙げられます。

食中毒まとめ

夏の時期の細菌による食中毒の対処法の1つとしては、調味料に殺菌作用があるニンニクやわさびを用いることも有名です。是非試してみてください。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事