飛沫感染しようとしているようす

飛沫感染(droplet transmission)

冬の時期に流行するのが、インフルエンザです。今年、2020年からは新型コロナウイルスが毎年流行するのではないかという意見もあります。爆発的に流行し、感染が拡大していくこの新型コロナウイルスのワクチンの開発が急務と言われています。
それでは、開発してくれる研究員に全部任せっきりでいいのでしょうか。私たちにもできることはあります。感染しないように正しく予防することが、最善のできることなのではないでしょうか。

飛沫感染の意味とは

飛沫とは、咳やくしゃみをした際に口からでる細かい水滴のことです。この飛沫によって感染することを飛沫感染と言います。
飛沫感染は水分があるため、すぐに地面に落ちます。しかし、だいたい1mくらい離れていても感染する危険性があります。

飛沫感染の由来

飛沫感染と一緒に覚えておきたいのは、「空気感染」です。空気感染するウイルスは、飛沫によっても感染するため、非常に注意が必要です。
飛沫感染するのは、風しんやインフルエンザおたふくかぜ(流行性耳下腺炎)があげられます。

飛沫感染の文章・例文

例文1.飛沫感染による感染を防ぐにはマスクなどが適している
例文2.空気感染するウイルスは飛沫感染するので注意が必要だ
例文3.飛沫感染するウイルスは、インフルエンザまどが有名である
例文4.飛沫感染によって感染して人は、エチケットとしてマスクをつけるべきだ
例文5.風邪などにかかっている人がマスクなしで電車に乗ることは、飛沫感染を助長している行為でしかない
飛沫に触れなければ、と思っている人もいるかと思いますが、飛沫を視認することは難しいです。そのため、マスク対策や手指の消毒などが有効になるのです。

飛沫感染の会話例

  • 質問者アイコン

    ん、んん。なんだかのどが痛いな。それにすごく寒くないかここの部屋。

  • 回答者アイコン

    適温ですが?もしかしてインフルエンザじゃないですか?昨日の飲み会にでてた部長もインフルエンザだったんでしょ?

  • 質問者アイコン

    あの部長のおごりについていってだけなのに…あの部長の前の席だったから、飛沫感染とかしてそう…

  • 回答者アイコン

    ほかの人に感染させないように、今日は早く帰ったら?帰宅時にはマスクも忘れないようにね。

強いウイルスとして、インフルエンザがあげられます。近くにインフルエンザに感染してしまった人がいた場合には気を付けましょう。

飛沫感染の類義語

飛沫感染の類義語として、「空気感染」「エアロゾル感染」「接触感染」などがあげられます。

飛沫感染まとめ

連日、新型コロナウイルスについての報道がされていますが、冬の時期にはインフルエンザにも気を付けなければいけません。冬の時期というものは空気が感染していて、寒いことからもウイルスが繁殖しやすい状況が作られています。
通勤や通学の際に使う電車やバスなどは感染するリスクの高いところだという認識は持っておきましょう。
予防するために、マスク着用や、手指の消毒、手洗いうがいなどは積極的におこないたいですね。
「飛沫感染と空気感染-健栄製薬」
上記のトピックスにて、詳しく記載されているので、飛沫感染についてさらに知りたい人は参考にしてみてください。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事