風評被害にあう

風評被害(ふうひょうひがい)

現在福島第一原発の汚染水の処理方法について、日本政府は海洋放出を望んでいるとして報道が続いています。現段階で海洋放出が可能な技術はあるものの一般市民や漁業関係者の風評被害があるとされています。この風評被害とはどういう状況で使われるのでしょうか、よく聞く言葉ゆえに意味もわからず使っていると勘違いや間違いを起こしてしまうかもしれません。これから詳しく解説しいきたいと思います。

風評被害の意味

根も葉もない噂により経済的な被害を受けることを意味しています。
関係のない人や物事に被害が及んだり攻撃を受けてしまう状況を意味しています。

風評被害の由来

風評という言葉は世間や噂、世評のことを意味しており、被害はそのまま害を被るという意味です。それが組み合わさり噂や世評によって害を被る、「風評被害」という言葉が成り立っています。

風評被害の文章・例文

例文1.似た商品を売っていた会社が不正取引で報道され我が社は風評被害を受けた
例文2.彼は風評被害によって名前も知らない人たちから日々攻撃を受けているそうだ
例文3.風評被害のせいで決定することも作業を進めることもできない
例文4.今までの子が不真面目だったからと採用されないのは完全に風評被害だと思う
例文5.風評被害により一つ学校がなくなった事例がある
関係がないはずなのに被害を受けるという状況で風評被害を受けると使われています。

風評被害の会話例

  • 質問者アイコン

    この間のいじめのニュース見た?あれうちの近くの学校だよね?

  • 回答者アイコン

    そうだよ。あの学校に友達がいるんだけど、今はなぜか関係ない子が報道されたいじめの首謀者だって言われてクラスの人たちからいじめられてるらしい。

  • 質問者アイコン

    げ、なにそれ風評被害じゃん。かわいそー。

  • 回答者アイコン

    なんだかちょっと強気な性格の子だから間違えられちゃったみたい。気付いた子もやめるにやめられなくてっていいてたらしいし、本当の首謀者っていうのは今何してるんだろうね。

報道された学校の近くの生徒が風評被害でいじめにあってしまった子について話しています。

風評被害の類義語

類義語には「不利益」「風評が流れる」「デマ」などがあげられています。

風評被害まとめ

実際には関係がない人でも勘違いや事故や事件の報道の仕方次第で勝手に犯人に仕立てられてしまうという風評被害があるようです。少し前の煽り運転の男性のそばにいた女性だとネットで勝手に特定されて無関係の人から電話やネットに誹謗中傷などの書き込みをされた女性も実は関係がない人だったということがありました。こうした風評被害で悲しい思いをする人が減ることを願います。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事