領事館(りょうじかん)

「領事館」とは「国家公務員採用試験、又は外務省専門職員採用試験に合格して外交官となった者が、駐在国で職務を行う役所」です。簡単に言うなら、一般の地方公務員は役所などで働きますが、外国で働くエリート役人の外交官が務める場所が「領事館」や「大使館」「総領事館」などとなります。日本では最近、各国の「領事館」などの職員がトラブルを起こす事も増えていますが、それもある種のエリートならではの特権階級からの裏返しによるところも大きいです。それでは「領事館」について解説をさせて頂きます。

[adstext]
[ads]

領事館の意味とは

「領事館」の意味は以下の通りとなります。
(1)領事が駐在国で職務を行う役所であり在外公館の事。
(2)在外邦人の保護や情報収集などを目的で設置された外務省機関の役所であり窓口。
「領事館」は外務省機関の在外公館の一つで、他にも大使館・公使館・総領事館・総領事館分館・領事館分館・政府代表部があります。それぞれの特徴は割愛しますが、最も有名な「大使館」は自国と自国民の利益を守り、ビザやパスポート発行などが主な職務です。最大の特徴としては国際法によって本国の領地と同一に定められているので、不可侵権が認められています。また基本的に首都のみ一か所設置されるので、東京には各国の「大使館」が集中しています。このような「大使館」に対して「領事館」は基本となる職務はほぼ「大使館」と同じで不可侵権である治外法権が適用され、首都以外の主要都市に複数設置され、例としてアメリカには14の「日本領事館」があります。厳密には領事の最上級で領事以下を監督する立場が「総領事」で事務所は「総領事館」、その下に位置するのが今回の「領事」で同じく事務所は「領事館」、以下は「副領事」は「副領事館」、「代理領事」は「代理領事事務所」となります。平たく言うなら、「大使館」は外交や友好目的もあるので、例えばアメリカ大使館のケネディ元大使が様々なイベントに出席をして話題になりましたが、「領事館」は純粋に役所仕事のみという役割なので「総領事」がイベントに出席し話題になる事はありません。その国を代表する顔ともなるのが「大使」であるのに対し、「総領事」は飽く迄も役所仕事であり自国民を守る為に置かれています。最近ではアフガニスタンのタリバンを巡る治安悪化で、各国の「大使館」や「総領事館」が閉鎖する事態に追い込まれ混乱が広がっています。また歴史を振り返ると、亡命希望者が「総領事館」に逃げ込んだり、或いは米中関係の悪化から中国の四川省では「米総領事館」を閉鎖にするなど様々な事件事故や思惑が複雑に絡んだ出来事が起こっています。

領事館の由来

「領事館」の由来は残念ながら不明ですが、文献としては1871年6月の新聞雑誌に文言が記されています。また日本初の「総領事館」は1856年7月、静岡県下田市に米国総領事のタウンゼント・ハリスが設置しました。

領事館の文章・例文

例文1.外国旅行で羽目を外して遊ぶと領事館のお世話になってしまうので気を付けよう。
例文2.日本が外国に設置した最初の領事館がある都市は、米サンフランシスコである。
例文3.外国旅行でパスポートを紛失したら領事館や大使館に行くしかない。
例文4.日本では領事館や大使館職員による外交官車両の違法駐車が問題となっていて、道交法を無視して好き勝手して違反金を踏み倒してしまう。
例文5.各国にある日本の領事館では働く人は、要するに外務官僚でエリートなので、それは海外で羽を伸ばして人生を謳歌して日本では違法とされる事も好きなように出来てしまうので、逆に人生を転落する可能性もある。
様々な「領事館」を使った例文となります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

領事館の会話例

  • 質問者アイコン

    彼氏が出来たんだって?

  • 回答者アイコン

    そうなの。すっごくエリートよ。

  • 質問者アイコン

    医者とか弁護士って事?

  • 回答者アイコン

    違うわよ。この不透明な時代は親方日の丸がいちばん。彼は領事館に勤めている外交官なの。

知人女性の新しい彼氏が外交官という内容です。

領事館の類義語

「領事館」の類義語には、「大使館」「外交官」「総領事」などの言葉が挙げられます。

領事館まとめ

「領事館」は外務省の一機関で領事が駐在国で職務を行う役所です。在外自国民の保護や外交事務が主な役割で、他にもパスポートなど様々な証明書を発行したり、戦争やテロなど緊急事態に備える役割もあります。「領事館」の上には「総領事館」と「大使館」があり、その補佐的な役目を担っている事務所や公館が「領事館」とも言えます。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事