雌雄を決する(しゆうをけっする)

雌雄を決するとは、優劣をつけるということです。勝負事や争いごとを行えば、勝者がいて敗者がいます。もちろんひきわけということもあるかもしれないです。しかし、多くの場合においては決着がつきますし、人は白黒はっきりさせたいと思ったり、勝負事をするのであれば勝ちたいと思ったりすると思います。そんな時に使える言葉が雌雄を決するです。今回はそんな雌雄を決するについて意味や使い方を話していきたいと思います。

[adstext]
[ads]

雌雄を決するの意味とは

雌雄を決するの意味は、優劣をつけるということです。主に勝負事で使われる言葉です。どちらが強いのかを決めるときに使うことができます。覚えておくといいと思います。

雌雄を決するの由来

雌雄を決するの由来は、動物は一般的に雌よりも雄が強いとされています。そのことからどちらが雄でどちらが雌なのか決めるということは、どちらが強いのかを決めるということになります。だから今日の意味で、雌雄を決するという言葉が使われていると考えられています。

雌雄を決するの文章・例文

例文1.雌雄を決するべく、因縁の相手と勝負を行う。
例文2.いつまでも言い争っていても決着はつかない。ここは一本勝負で雌雄を決するべきである。
例文3.雌雄を決することが必ずしてもいいこととは限らない。お互いの優劣を決めるのではなく、お互いの短所を補っていけるような関係を築くべきだ。
例文4.この二人が雌雄を決する瞬間は目を離せない。
例文5.この決勝戦では、誰か本当に強いのか雌雄を決する最高の舞台である。
これらから雌雄を決するという言葉は、勝敗を決めることや優劣をつけることを表すのには最適です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

雌雄を決するの会話例

  • 質問者アイコン

    無事トーナメントを勝ち抜いて次は準決勝だね。

  • 回答者アイコン

    そうだね。相手は去年惜しくも負けてしまった相手だから次必ず勝とう。

  • 質問者アイコン

    そうだ。本当に強いのはどちらのチームなのか思い知らせてやるよ。

  • 回答者アイコン

    雌雄を決するのは明日だね。気を引き締めていこう。

これは、準決勝を控えたチームメイト同士の会話です。

雌雄を決するの類義語

雌雄を決するの類義語には、「竜虎相搏つ 」「タイマン」「白黒つける」などがあります。

雌雄を決するまとめ

今日でもスポーツやテストなどで、学力、能力、才能などの優劣をつけることがあります。勝負や優劣をつけることが行われる理由の1つとしてによりどちら優れているか結果としてわかるということはあると思います。雌雄を決するという言葉の意味をわからなかれば、困ってしまうこともあると思います。これを機に意味と使い方を覚えておけるといいと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事