雄弁は銀沈黙は金を肝に銘ずる

雄弁は銀沈黙は金(ゆうべんはぎんちんもくはきん)

今までさんざん喋っていた人が一度黙ると周りは一瞬「おっ」と思いますよね。交渉などを有利に進めるのは一般的にはしゃべり上手で人当たりの良い人とされていますが、本当にそれだけで交渉は上手くいくでしょうか?やはり、相手の話をしっかりと聞いてキチンと意見をくみ取るという努力をする必要はありそうですよね。今回はあまり聞きなれないであろう「雄弁は銀沈黙は金」という言葉について説明していきます。言葉自体を暗記する必要は全くありませんが、その本質の部分はとても役に立ちますので、是非お役に立ててください。

雄弁は銀沈黙は金の意味とは

では先ず、「雄弁は銀沈黙は金」の意味から見ていきます。これは雄弁つまり人を感銘させるような堂々たる弁舌をふるまえる事は大事であるが、それ以上に沈黙をするべきタイミングを心得ているという事が大切であるという事を意味しています。確かに交渉事においても基本的には相手を感動させる動かせるような話し方が出来なければ何も事は運びませんが、一方で聞くべきところ黙るべきところで沈黙する事が出来ないと本当の意味で重要な物事を動かす事は出来ないでしょう。静と動の双方を制する事で物事を制する事が出来ますよね。

雄弁は銀沈黙は金の由来

この本質をついた偉大な言葉を生み出したのはイギリスの評論家トーマス・カーライルだとされています。自身の本『衣服哲学』の中に書いてある有名な一節で「Speech is silver, Silence is golden.」というものを訳したのが、今回紹介した「雄弁は銀沈黙は金の由来」というものです。雄弁であれば相手を説得する事は可能ですが、同時にそれが出来る人があえて話さないからこそ相手に考える時間を与える事になります。つまり、心理戦に持ち込む事が出来るのです。まさに、能ある鷹は爪を隠すですね。

雄弁は銀沈黙は金の文章・例文

例文1.大事な商談の前には「雄弁は銀沈黙は金」という言葉を思い出すようにしている
例文2.雄弁は銀沈黙は金であると自分の営業の師匠に叩き込まれた
例文3.喋ってばかりで全く間の取れない男がいたので、「雄弁は銀沈黙は金ですよ」と告げて遠回しに人の話も聞けと言った
例文4.雄弁は銀沈黙は金とは正しく営業の神髄を表している言葉である
例文5.全ての営業マンに「雄弁は銀沈黙は金」という言葉を届けたい
営業の本質の言葉で使われる言葉もありますが、これは人生においても同様の事が言えるのではないでしょうか。多くを語りすぎれば、言葉は軽くそして薄くなってしまうという事を覚えておくといいのではないでしょうか。

雄弁は銀沈黙は金の類義語

「雄弁は銀沈黙は金」の類義語としては、「言わぬが花」「言わぬは言うにまさる」という言葉があります。いずれも言う事が出来る人が使うからこそ有利に事を運べるものであって、言えない人が黙ってもただの沈黙ですね。

雄弁は銀沈黙は金まとめ

大事な商談をまとめるのであれば自分だけではなく、お客様が納得をしたうえで事を進めていかなければいけません。営業マンとして「雄弁は銀沈黙は金」という言葉が腑に落ちてくるようになったら成長の証と言えるのではないでしょうか。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事