隣の花は赤い(となりのはなはあかい)

「隣の花は赤い」とは、他人の物は何でもよく見え、羨ましがることの例えです。同じものや似たようなものを持っているにもかかわらず、不思議と他人の物の方がよく見えてしまうなんて事ないでしょうか。今回はそんな「隣の花は赤い」について解説させて頂きます。

[adstext]
[ads]

隣の花は赤いの意味とは

「隣の花は赤い」の意味は以下の通りです。
・他人の持っているものは何でもよく見えうらやましく思うこと
・他人の持っている珍しいものをすぐに欲しがること
“隣の薔薇(ばら)は赤い”と言われることもあります。

隣の花は赤いの由来

「隣の花は赤い」の由来は特にありませんが、隣の家に咲いているお花は、自分の家のよりも赤くきれいに見えることから、この言葉は使われるようになりました。

隣の花は赤いの文章・例文

例文1.同じ料理でも、隣の花は赤いというように、他人の料理の方が美味しそうに見える。
例文2.隣の花は赤いというように、友達の家庭を羨ましく感じる。
例文3.似たようなものなのに不思議と隣の花は赤く見える。
例文4.隣の花は赤いというが、自分には同じようにしか見えない。
例文5.隣の花は赤いというのは、人間の妬み嫉みが原因とも考えられる。
「隣の花は赤い」の例文です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

隣の花は赤いの会話例

  • 質問者アイコン

    今日のお弁当何入ってるの?

  • 回答者アイコン

    卵焼きだよ。

  • 質問者アイコン

    卵焼き同じだ。でもそっちの方が美味しそう。

  • 回答者アイコン

    そんなことないよ、隣の花は赤く見えるだけだよ。

「隣の花は赤い」の会話例です。同じものでも不思議なことに、他人のものの方がよく見えるものですね。

隣の花は赤いの類義語

「隣の花は赤い」の類義語は、「隣の芝生は青く見える」、「隣の牡丹は大きく見える」、「うちの米より隣の麦飯」などです。

隣の花は赤いまとめ

「隣の花は赤い」という例えがある通り、不思議にも他人の持っているものや食べているものは自分のよりも良く見えるものです。類義語でも紹介したように、同じような表現の言葉も複数あります。例えば、隣の芝生は青く見えるや、隣の牡丹は大きく見えるというのは、隣の花は赤いと同じで、他人の物の方が似たものでもよりよく見えるということです。うちの米より隣の麦飯は、一見麦飯より普通の米の方が高い気もしますが、価値の低い麦飯でも、他人の珍しいものを羨ましく思うという意味で使われているということです。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事