防災の日に訓練をする

防災の日

9月1日は防災の日とされています。様々な災害に対する危機意識を高めるためだったり準備するためとして制定された日なのですが、この防災の日が決まったきっかけや正しい意味などを知っている方はどれほどいるでしょうか。これからこの防災の日について詳しく解説していきたいと思います。

防災の日の意味

災害に対する認識を高めて、それに対する心構えを準備する日として内閣閣議によって1960年に制定されました。近場で考えられる災害やその避難場所、対応など考える日とされ、災害は主に地震、津波、台風、崖崩れ、火災などの自然災害や大規模な交通事故や火災などが挙げられます。
1982年からは防災の日を含む8月30日〜9月5日までの一週間を防災週間と定められています。

防災の日の由来

1923年9月1日に起きた「関東大震災」がきっかけとなりました。
他にも8月から9月は台風が多く制定前の1959年頃には行方不明者や死者が5000人を超える被害を出した台風が9月にあったこともきっかけのひとつとも言えます。こう言った災害が続き時期的にも災害について考える良い機会なのではないかと考えられ制定されたようです。

防災の日の文章・例文

例文1.防災の日といってもあまり気にしてない若者が多い気がする
例文2.今日は防災の日だし丁度日曜で家族みんないるから避難場所などを話し合おう
例文3.今まで大きな被害のは出ていない地域に住んでいるから防災の日といわれてもいまいちピンとこない
例文4.防災の日は9月1日と決められている
例文5.最近ニュースや特番で震災が特集されていると思ったら今日は防災の日だったのか
地域や世代によっては考える機会は少ないかもしれませんが、防災の日は台風や海の高潮、地震などが万が一の時にすぐ対応できるよう考えるための日となります。

防災の日の会話例

  • 質問者アイコン

    明日から九月だね。休日だし、どこかいく?

  • 回答者アイコン

    そうね。でも行く前に地震や津波の警報が出たらどうするか考えないと。
    防災の日だって知ってた?

  • 質問者アイコン

    防災の日?今まで考えたことなかったよ・・・そっか、確かに何かあった時のために備えないとね。

  • 回答者アイコン

    私は去年から実家で非常食準備したり避難場所とか連絡先の共有はしてるよ!

今まで防災の日を考えたことなかった男性としっかり考えている女性の会話になります。準備することや考えることは多いので早めに行動したほうがいいでしょう。

防災の日の類義語

防災という単語の類義語には「防火」「予防」などが挙げられます。
注意を促す日という意味で防災の日に似ている日は5月はじめの立夏の日を「熱中症対策の日」としています。

防災の日まとめ

若い人は大きな災害を経験していないもしくは幼かったゆえに重大さがわからないようで防災の日だと言われても危機感が薄くなんとかなると思いがちです。いざという時、何をするべきかやどこへ行けば良いのかなど考えている暇はありません。小学校などでも防災訓練があるように、避難場所や対応方法などは決めておかないとパニックの元になりますので、早いうちに非常食や道具の確保や避難経路、家族の連絡先、集合場所などしっかりと準備をする必要があります。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事