開闢を表す天と地

開闢(かいびゃく)

「開闢」という言葉の意味をご存知でしょうか?あまり見慣れない、聞きなれない言葉ですよね。日常ではほとんど使用されませんが、小説を読んだりする人は見たことがあるかと思います。今回は「開闢」について詳しくご紹介していきます。

[adstext]
[ads]

開闢の意味とは

「開闢」とは、世界の始まりのとき、天と地が初めてできたとき、信仰の地として山を開くこと、初めて寺院をつくることといった、何かが生まれて始まることを意味する言葉で、無秩序であることや、地球ができた初期を表す場合もあります。
また、宇宙規模の話になってしまいますが、「開闢」には四季があって循環する天地の摂理によって宇宙でも季節が変わり、天地と人間世界に激しい変革をもたらすようで、夏から秋にかわるときに、「開闢」の中でも最も大きな規模の衝撃を変革をもたらして、時間の秩序が変わるそうです。

開闢の由来

「開闢」の「開」は、両手で門を開ける様子を表していて、「闢」もひらくという意味を持っています。
「天開地闢」の言葉を縮めた言葉で、新しい天と地が開かれるという意味を持ち、「天と地が万物全てに、常に新しい環境を創造し、新しい文化新しい秩序が開かれる現象」を意味しています。

開闢の文章・例文

例文1.開闢以来の大災害が起こるかもしれない。
例文2.開闢によって今の世界がある。
例文3.地球の開闢には長い年月が要された。
例文4.この衝撃的大事件は開闢以来で、なぜ起きたか、その意味を人々が知る由もない。
例文5.言葉の修練を行うことで、詩の天地が開闢する。
開闢という言葉は難しい言葉であり、中々日常的に使う言葉ではありませんが、覚えておいて損はないでしょう。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

開闢の会話例

  • 質問者アイコン

    学校始まっちゃったねー。そういえば、夏休みの自由研究はなににしたの?

  • 回答者アイコン

    今年の自由研究は地球の開闢について調べたよ。

  • 質問者アイコン

    そんなスケールでかい研究をしたのか?さすがだな。

  • 回答者アイコン

    何のために地球ができて、何のために人が生まれたのか調べたくてさ。

小学生のときは好奇心にあふれていていましたね。

開闢の類義語

「開闢」と関連する言葉には「原初大爆発」「ビッグバン」「天地開闢」「創始」「有史」などがあります。

開闢まとめ

今回は「開闢」について詳しくご紹介しました。かなりスケールのでかいお話になってしまいましたが、「開闢」は始まりを意味することがわかりました。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事