長幼の序で関係がうまくいく

長幼の序(ちょうようのじょ)

長幼の序とは、年上と年下の間の秩序ことです。年下であれば、年上の人に敬語を使ったり、敬ったりすることがあると思います。逆に年上であれば、年下の面倒を見てあげたり、お世話をしてあげたりすると思います。そのような関係を言い表す時に使うことが出来るのが長幼の序です。今回は、そんな長幼の序について意味や由来使い方、類義語などを見ていきたいと思います。

[adstext]
[ads]

長幼の序の意味とは

長幼の序の意味は、年上と年下の間の秩序ことです。親子の関係や、年長や年少の関係を言い表すときに用いられます。そういった関係全般に使うことができるので覚えておくといいと思います。

長幼の序の由来

長幼の序の由来は、中国の書物である「孟子」にあると言われています。その「孟子」の中で序列関係に関する記述があり、そこから長幼の序という言葉が使われるようになったと言われています。

長幼の序の文章・例文

例文1.この会社では、長幼の序に従っているのでいくら実力があっても出世することができない。
例文2.長幼の序が厳しいので先輩には、いつも気を使わなればならないので大変だ。
例文3.私は、長幼の序をとても気にしてしまうので年上なら年上らしく、年下なら年下としての振る舞いをするべきだと思う。
例文4.長幼の序であるから、最年少である僕はいつもみんなにお世話してもらっていた。
例文5.長幼の序であることから偉そうに先輩風をふかせるのはよくない。
これらから長幼の序という言葉は、年上と年下の間の秩序ことを表すには最適です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

長幼の序の会話例

  • 質問者アイコン

    僕の家庭は昔から長幼の序を重んじていてね。年上には敬語を使いなさいと耳にタコができるくらい言われてきたんだ。

  • 回答者アイコン

    道理で君は言葉使いがしっかりしていると思ったよ。よく気が利くしね。

  • 質問者アイコン

    ありがとう。昔からそんな感じだったから敬語を使うのは当たり前と思ってしまうよ。

  • 回答者アイコン

    凄いね。僕なんて未だに敬語を使うように言われることがあるからね。

これは、長幼の序を重んじる家庭に生まれた人が話している様子です。

長幼の序の類義語

長幼の序の類義語には、「年次」「歯序」「年功序列」などがあります。

長幼の序まとめ

今日でも、相手に気を遣うということはとても大切です。仲の良い間柄であれば、話し方に気をつける必要はありませんが、初対面の人に失礼があってはいけないです。ビジネスシーンなどでも言葉遣いやマナーがなっていないと困ってしまうこともあると思います。長幼の序もそうですが、言葉遣いやマナーを守り、失礼のないように心がけれるといいと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事