金婚式のお祝い

銀婚式・金婚式(ぎんこんしき・きんこんしき)

結婚記念日はイギリス式で15年目までは1年単位、それ以降は5年単位で結婚記念日としてお祝いをすることがあります。あまり1年単位でお祝いをすることがないご夫婦でも5年おき、10年おきと大きな節目にちょっと良い食事をするという方もいるのではないでしょうか?その大きな節目として、一般的に知られているのが「銀婚式」と「金婚式」になります。意味やいつのことを指すのかなど解説していきます。

[adstext]
[ads]

銀婚式・金婚式の意味

銀婚式は結婚してから25周年(26年目)、金婚式は50周年(51年目)に夫から妻に贈り物をしたり、子や孫から祝いの品を贈ったり食事をしたりと夫婦によって様々ですが祝いをすることを言います。改めて式を挙げたり、ドレスを着て写真を撮ったりする夫婦もいるようです。
また、結婚記念日は婚姻届を提出した日とする考えと結婚式を挙げた日とする2つの考えがあります。最近では事実婚や授かり婚、同性婚などが社会に浸透しているので結婚の同意をした日を記念日とする考えも増えています。

銀婚式・金婚式の由来

イギリスでは結婚記念日を祝う習慣があるいうことが明治ごろに日本へと伝わりました。
昔の日本は恋愛を経て二人の合意の下で婚姻関係になるわけではなく、家主が決めた相手と結婚をし、家同士の繋がりを重んじる文化があったため夫婦の記念日を祝うことはなかったのですが、明治27年に当時の天皇が25年のお祝いとして銀婚式を行い盛大に祝ったことをきっかけに記念日を祝うようになったそうです。

銀婚式・金婚式の文章・例文

例文1.結婚をして長く一緒にいるがついに来年25周年を迎えるので銀婚式を行うことになる
例文2.祖父母が来月で50周年なので皆で金婚式のお祝いをしようと計画している
例文3.銀婚式は式場で行い結婚式の時に着られなかったカラードレスを着る予定だ
例文4.とても素敵な人と結婚ができて幸せなのでこのまま金婚式まで仲良く健康に過ごせたら良いな
例文5.両親の銀婚式のお祝いの品を選ぶのが楽しい
自分で選んだ相手と永く仲良く過ごせたら良いですよね。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

銀婚式・金婚式の会話例

  • 質問者アイコン

    来月のお義母さんとお義父さんの銀婚式の祝いの品決まった?

  • 回答者アイコン

    うん。ちょうど今良いの見つけたの!
    二人とも時計が好きだからこの掛け時計にしようと思う。

  • 質問者アイコン

    ああ、あの家の雰囲気にぴったりじゃないか。良いね、それ。お店も和食でいいところ見つけたから予約するね。

  • 回答者アイコン

    ありがとう。喜んでくれるといいな。

銀婚式の準備をする夫婦の会話になります。

銀婚式・金婚式の類義語

1周年は紙婚式、2周年は藁婚式、3周年は革婚式、と続き、40周年はルビー婚、60周年はダイヤモンド婚、70周年はプラチナ婚という風になっていきます。

銀婚式・金婚式まとめ

記念日を祝う祝わないというのは夫婦の関係性や性格によるものなので絶対に祝わなくてはいけないわけではありません。子や孫が張り切っていても放っといてほしいのが本音ということもありますし、逆に仲悪いと思っていたらこういう記念日はきちんと祝い愛を確かめる不器用な夫婦という場合もあります。何はともあれ、永く一緒にいたいと思える相手と結婚できるというのは素敵ですね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事