金は天下の回り物

金は天下の回り物という言葉は、金融の意で使用されるより、市民社会で言われる、たかがお金の問題よ。であるとか、ちゃんとやってれば解決できるよ。という励ましの言葉であるべきです。

金は天下の回り物の意味とは

金は天下の回り物という意味は、荒稼ぎをするための専門用語ではなく、ほんとうにお金に困っている人が、気を紛らわすためであったり、そのお金の問題が解決されたときに、小さな問題で悩んでいたと、自戒する意味があります。

金は天下の回り物の由来

東洋の考え方にお金に重きを置かない生き方があると言われます。つまり、お金よりも大事な、人間のこころであったり、友情などの人間関係に重視する要点を考えるために、考えられた東洋の格言になります。

金は天下の回り物の文章・例文

例文1.金は天下の回り物というので、思い切って投資した
例文2.金は天下の回り物であるので、困っている人を助けるために使用した
例文3.金は天下の回り物という言葉のとおりに、後で助けられた
例文4.金は天下の回り物であるので、惜しみなく事業を続けた
例文5.金は天下の回り物であると信じて、人助けをした
資本主義では当たり前であるお金が循環するという考え方ですが、東洋の考え方は異なり、お金ではなく生き方、社会貢献、人を助ける、人を支える事に美徳を置いています。お金を稼ぐという事が蔑視されがちな日本もこの東洋の思想に近いものが残っているのかもしれません。

金は天下の回り物の類義語

類義語として、経済循環という言葉があります。それは、国内通貨に限らず、通貨自体はその流通の道具だとする考え方になり、結局は購買や販売の流通の道具として、考える経済学です。

金は天下の回り物まとめ

金は天下の回り物という考え方は、実際に苦難に陥った人が、お金以上の考え方を持つに至り、結果的に人のためにお金を使用するになるような、より儒教に近い性質のことばです。
経済循環で考えると、国内需要拡大という経済用語や、営業で言えば、販売促進の意になります。また、大変な時があっても、重要なことをこなしていれば、助けられることもあるという教育性も含んでいます。

この記事を読んでいる人に人気の記事