醸し人九平次

国内外で有名な萬乗醸造さんが作る「醸し人九平次」は酸味とすっきりとした飲みやすい味が評判です。愛知にある蔵元ですがワインにも挑戦するなどエレガントをキーワードに酒造りに取り組んでいます。

醸し人九平次の特徴

醸し人九平次はいくつかの種類があり、それぞれをブランドとして展開をしています。
日本酒の「彼の岸(にのきし)」「別誂(べつあつらえ)」「彼の地(かのち)」「human(ヒューマン)」「山田錦」「ル・カー ランデブー」「ル・カー ボヤージ」がラインナップされています。
それぞれお米の品種や精米歩合を変えて、味の違いや深みを変えている様です。

醸し人九平次のこだわり

萬乗醸造さんが蔵元として日本酒に求めているものがあるそうです。「美意識」「本質」「先見性」の3つです。
「美意識」はその日本酒は五感を刺激するものなのか、そして美しい田んぼから収穫された美しいお米を、美しい環境で醸造したいとの思いが込められています。
「本質」とはその日本酒がエレガントであるかという事。誰がいつ・どこで飲んでも本質を体現した日本酒はエレガントさが宿るとの事。
「先見性」その日本酒は将来も愛されているか。今の時点で最高なものを作るものはもちろん大事ですが、未来の日本酒ファンをも喜ばせる事を意識されています。

醸し人九平次のレビュー

レビュー1.まろやかな舌触り、まろやかなのにスッと切れる。日本酒初心者にも勧められますね☆人気なのも頷けます。
レビュー2.大吟醸らしい素晴らしい淡麗さの中にも、米の甘み/旨みを感じられます
レビュー3.弾ける酸味とキレの良さが心地良いです。鼻抜けが良い香りです
レビュー4.甘味は控え目で辛味と苦味が主体のような感じがします。フルーティーな香りも主張しています。
レビュー5.スッキリとした酸味、爽やかな甘み、バランスがとても良い。
お酒、特に日本酒は本当に他種多様の好みがあります。しかしニュートラルに飲みやすく、食事に合わせやすいというレビューも多く見受けられました。

醸し人九平次

萬乗醸造さんは最近では田んぼを自社で購入をして、その田んぼで出来たお米を元に日本酒を作るなど、積極的に新しい事に挑戦をされている蔵元さんです。また将来を見据えた取り組みもしており、一層の味の進化が期待されています。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事