酒池肉林とは贅沢の限りを尽くした宴会を表します。

酒池肉林(しゅちにくりん)

「酒池肉林」と聞くと、なんだかみだらなイメージがあります。中国から入り、日本でも使われているこの言葉の意味は、実はかなり誤解されている場合が多いです。この記事では酒池肉林の由来や本来の意味についてまとめます。

酒池肉林の意味とは

酒池肉林は「しゅちにくりん」と読みます。言葉通り「酒で池をつくり、肉で林をつくる」というところから、「贅沢の限りを尽くした宴会」を表します。
「肉」という言葉から「肉欲」が連想され、「性的にみだれている宴会」と使われている場合も多いですが、実はこれは本来の意味ではありません。
酒池肉林の肉は純粋に肉の意味で、みだらな宴という意味はないのです。しかし、現在の使われ方ではみだらな宴会をさして使われることも多いため、時代を経てその意味を持つようになったと考えられます。

酒池肉林の由来

酒池肉林の由来は中国の「史記」に見られます。殷の紂王は暗君として知られていますが、でき愛していた女性・妲己を喜ばせるため、大量の酒で池をつくり、肉を木に吊るして林とする贅沢極まりない宴会を催しました。
つまり、ここでいう肉は肉欲という意味ではなく、純粋に食べる肉のこと。
しかし、史記は「紂王は裸にした男女を池や林の間を走り回らせた」と続けます。
現在「みだらな宴会」と言う意味で使われるのもこれに起因しているのでしょう。

酒池肉林の文章・例文

例文1.あの時の接待はまさに酒池肉林だった
例文2.毎日贅沢三昧。まさに酒池肉林だ
例文3.あの時の宴会は酒池肉林で、少しやりすぎだと思った
例文4.お金持ちになったとたん、酒池肉林の宴会続きだ
例文5.酒池肉林に飽き飽きした
意味自体は豪勢な宴会と言う意味でも、どうしてもあまりクリーンなイメージは浮かびませんね。

酒池肉林の会話例

  • 質問者アイコン

    昨日のパーティーは食べすぎた。帰ってから胃もたれしてしょうがなかったよ。

  • 回答者アイコン

    私も。ああいう酒池肉林なパーティーに慣れていないから、もったいなくて色々食べたくなっちゃって・・・。

  • 質問者アイコン

    まあ、出るたびに過ごし方もだんだんとうまくなってくるだろう。

  • 回答者アイコン

    いやだ。何回もあんなのに出るなんて。私はもうあれきりでごめんだわ。

酒池肉林の宴会は一見楽しくても、あとあと怖いもの。もし参加する機会があっても、ほどほどにしておくべきです。

酒池肉林の類義語

酒池肉林の類義語として、「肉山脯林」(にくざんほりん)が挙げられます。これも中国の夏(か)の桀王が催した豪勢な宴会からきています。普段は酒池肉林の方が使われるので、あまり耳にはしませんね。ほかには「乱痴気騒ぎ」「どんちゃん騒ぎ」が挙げられます。

酒池肉林まとめ

酒池肉林について見てきました。元の意味と現在の意味が変わってきている言葉の1つです。とはいえ、酒池肉林のパーティーではめははずしすぎないようにしたい所ですね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事