配当性向

配当性向はMBA用語の1つで、経営や証券取引等において使われる単語です。企業価値を上げていくために重要なものであり、配当性向が高いか低いかということでその会社の様子が分かるのです。ここでは配当性向という表現について紹介します。

配当性向の意味とは

配当性向の意味は株主にどれだけの利益を配当するか、という割合をパーセンテージで示したものです。当期純利益に対し、配当金支払い額がどれだけ示されているかという割合が表されます。一般的には20%から30%程度ですが、当期純利益よりも配当を多くした場合、配当性向が100%を超える場合もあります。

配当性向の由来

配当性向は、お金などを割り当てられるという意味を持つ配当という単語と性質の傾向という意味を持つ性向という単語からできています。

配当性向の文章・例文

例文1.配当性向が多くの企業において上昇中です
例文2.配当性向は高いほど良いというわけではありません
例文3.配当性向が高い場合、株主に利益がたくさん還元する事が出来ます
例文4.配当性向が低い場合、利益の配分がないということがわかります
例文5.成長している会社ならば、配当性向は低くなることもあります
配当性向はその会社がどの程度成長しているのかどうか、株主がどの程度の利益を得ることができるのか、という事を図るために重要な指標になります。しかし、配当性向は必ずしも高くなければいけないというものではありません。確かに高い方が配当が多くなりますが、例えば株主にアピールしているだけ、などという可能性もあります。配当が多いからといって事業拡大がなされているとは限りません。

配当性向の類義語

配当性向の類義語には配当回り、配当利回り、などといった表現があります。

配当性向まとめ

どうしても株主への配当をパーセンテージで見ると、高い方が良いように思えるかもしれません。しかし、事業拡大をするためにお金を必要としている場合、配当がどうしても少なくなることもあります。そして企業拡大のためにそれは大切なことです。ですから配当性向が多い少ないだけで判断することはできません。

この記事を読んでいる人に人気の記事