過失責任主義

過失責任主義とは、故意や過失がある場合に加害者が被害者に対して賠償責任を取ることとされていますが、過失責任の種類としては、膨大な数が挙げられると思います。例えば一番多い案件では、やはり、交通事故であると思います。自転車で人に当たって重傷を負わせてしまった場合に発生するいわゆる民事上の責任がその過失責任主義の一つに該当することと思われます。交通事故を起こしてしまった場合、加害者に課せられる責任は大きく三つ出てきますが、その一つが民事上の責任、二つ目に刑事上の責任、三つ目に行政上の責任となります。
民事上の責任で、被害者に支払われる金銭的な部分は、任意保険に加入していれば、全て収まりますが、被害者が加害者に名乗り出てきて、それ相応の金銭を要求してくる可能性もありますので、そう言った場合は、第3者に介入してもらうのが一番ベストであると思うのですが、そう言った形で過失責任主義として、民事上の金銭面での責任を正式な場で決定するのが望ましいです。

過失責任主義の意味とは

法律上では、民法での第709条に故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負うと記載されており、これが法律上の解釈となります。ここから付随する形で、どう言った場合に責任が発生するかと言う関連についてですが、 監督義務者の責任、使用者責任、工作物責任、動物占有者の責任、製造物責任法や国家賠償法、自動車損害賠償保障法、および大気汚染防止法等の公害による損害賠償等が絡んんでくる形となります。どのようなケースでも共通して言えることは、加害者になってしまった場合に被害者に対して賠償する責任があると言うことを指し示しているのであると言えます。

過失責任主義の由来

過失責任主義は、法律で整備されている位なので、相当前からこの言葉が存在していると思われます。高度経済成長期等では、様々な開発上の事故や公害汚染に関する事故が相次ぎ、その賠償や責任を被害者が加害者である個人や団体や公共機関に求める際に発生した言葉ではないかと考えます。実際に高度経済成長期では、トンネルの突貫工事による事故や、公害汚染が常日頃取り上げられていたと聞いておりますので、その時代におそらく発生した言葉と言えます。

過失責任主義の文章・例文

例文1.今回の公害汚染について、被害者である地域住民に与えた公害による水質汚濁について、企業側に対して過失責任主義に基づき賠償を請求した
例文2.加害者に対して、個人的に過失責任主義として、賠償金を請求する
例文3.私は交通事故に遭い、過失責任主義を加害者に取ってもらうべきであると強く判断しました
例文4.過失責任主義としまして、今回のトンネル崩落事故につきましては、トンネル工事を実施した業者に対して、その班員による指示内容が適切でなかったと判断した
例文5.今回の事件の過失責任主義の所在については、犯人が見つかってからの事後報告となります
過失責任主義については、多くの事例で適用がありますので、しっかりと理解をしておく事が重要です。

過失責任主義の類義語

無過失責任主義が類義語として挙げられます。無過失責任主義とは、直接その企業が加害者に対して行為を行なっていなくとも、その企業が建造した建物から建材が落下したりして被害者が発生してしまった場合に生じる責任の矛先が、その業者に該当してしまうことを差し示しています。

過失責任主義まとめ

過失責任主義では、いつ起こるか分からない誰でも加害者になりえる交通事故事案が一番加害者として誰でも該当する可能性が高いので、日常生活で一番起こりえる過失責任主義を問われる場面となる交通事故の加害者にならないためには、車を運転する時はいつでも徐行を心掛け更に危険予測を毎回の場面ですることが大事であると思います。思い込みで運転することが一番危ないことでありますので、交通事故を起こさないように常日頃の日常生活での行いから見直していくことが、過失責任主義を問われないことに繋がっていきます。

この記事を読んでいる人に人気の記事