運鈍根こそ成功の三条件だ

運鈍根(うんどんこん)

皆さんは成功するために何か考えて行動することがありますか?何か目標があり、成功するために努力したり、地道に課題をこなしたりしたことは一度はあると思います。大抵の場合、成功するためには、何かに根気よく努めることが大切でしょう。もしかしたら運良く成功できることもあるかもしれません。そんな時に使える言葉として運鈍根というものがあります。今回はそんな運鈍根について説明していきたいと思います。

[adstext]
[ads]

運鈍根の意味とは

運鈍根は、成功の三条件として考えられている好運に恵まれること、才走らず地道に努めること、および根気よいことを意味します。鈍という漢字には未熟という意味合いがあり、未熟者には地道な努力が必要不可欠であるという意味合いがこの言葉に含まれています。

運鈍根の由来

運鈍根の「運」は運のいいことを「鈍」は粘りづよいことを「根」は根気があるとこを意味する言葉であり、これらの言葉を組み合わせて運鈍根が成り立っています。

運鈍根の文章・例文

例文1.成功の秘訣はやはり、運鈍根であることだ。
例文2.いつも努力を惜しまない彼の根気と粘り強さに運が合わさって見事大会に優勝することができた。まさに運鈍根である。
例文3.私が気に入っている言葉は運鈍根であり、成功するためにいつもこの言葉を意識している。
例文4.運鈍根というけれど、運が物凄く良い彼女は、努力や根気強く続けることなく成功した。
例文5.何事も長く続けることができない彼は、運鈍根とはかけ離れている。
運鈍根という言葉は、成功の三条件を意味するため使える場面は限られてくると思いますが、成功の要因に使うにはとても適した言葉です。なので是非使ってみてください。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

運鈍根の会話例

  • 質問者アイコン

    彼はいつも部活を頑張っていて、その結果この前の大会では優勝したらしいね。

  • 回答者アイコン

    そうらしいね。大会当日の相手は強豪校だったらしいのだけれど運もあって見事打ち勝つことができたそうだね。

  • 質問者アイコン

    まさに運鈍根といった感じだね。

  • 回答者アイコン

    本当だね。今度は全国大会らしいから今後の彼らの活躍が楽しみだよ。

運鈍根という言葉は、成功の話しをするときにはとても使える言葉です。日常会話で使えるシーンもあると思うので是非例を覚えていくとよいでしょう。

運鈍根の類義語

運鈍根の類義語には、「運根鈍」「心技体」「愚直」「汗水たらして」「一生懸命」「苦節」「骨身を惜しまず」「泥臭い」などがあります。

運鈍根まとめ

運鈍根とあるように、成功するためには地道に努力することであったり、根気強く物事を続けることであったりが必要だとと思います。ですが、成功の要因はそれだけではなく周囲の環境や計画性なども考えられるのではないでしょうか。どうしたら目標を成し遂げたられるのか、成功できるかを常に考えて行動できるといいですね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事