連携プレーは大事

連携プレー(れんけいぷれー)

団体競技やペアを組んで行うようなスポーツを経験してきた人は、なんとなくイメージがつくことかもしれませんが、個々の能力がどれだけ高くても結果に結びつくとは限りません。これはチーム制を敷いているビジネスの世界においても同じことが言えるでしょう。そうした中で重要になってくるのは、「連携プレー」ではないでしょうか。そこで、この連携プレーとは実際にはどういったものを指すのかなど解説していきたいと思います。

連携プレーの意味

連携プレーを定義として述べるなら、集団や組織の中に所属している人員が互いに巧みに機能することと言えるでしょう。そして、1点きになるのは、「れんけい」という言葉には「連携」と「連係」があります。これに関しての違いですが、「連携=互いに協力して物事を行うこと」「連係=他者と密接な関係を持つことや、切れ目なく続くこと」という違いがあります。

連携プレーの由来

連携だけでも協力して何かを行うという意味にはなりますが、そこに「play」がつくことによって、よりわかりやすくした言葉になります。

連携プレーの文章・例文

例文1.連携プレーで勝利を収める
例文2.連携プレーで企画に取り組む
例文3.連携プレーで臨まなければ、結果は出ないだろう
例文4.勝敗のカギは連携プレーにある
例文5.連携プレーの重要性を学ぶべきだ
ビジネスシーンでも用いる言葉ですが、実際にはスポーツや競技の場面で使われている印象がありますね。そこで今度はビジネスシーンの中での会話例を見てみたいと思います。

連携プレーの会話例

  • 質問者アイコン

    今度の企画を、俺と君とで行うことになったからよろしく頼むよ。

  • 回答者アイコン

    こちらこそ、
    よろしくお願いします。

  • 質問者アイコン

    今度の企画は連携プレーなしには結果が実らないから、個々で動かないように気をつけよう。

  • 回答者アイコン

    当たり前ですけど、報・連・相なんかも徹底しましょう!

ビジネスシーンでの使い方としては、このような感じになるでしょう。

連携プレーの類義語

連携プレー自体は協力することを指しているので、「協力」や「協力プレー」、「一丸となる」といった言葉も類語に相当するのではないでしょうか。

連携プレーまとめ

スポーツや団体競技の中で使われることが多い言葉ですが、仕事やスポーツ以外のプライベートの中でも使うことある言葉です。聴き馴染んだ言葉ではあると思いますが、「連携」と「連係」の違いには気をつけてください。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事