連休明けは辛い

連休明け(れんきゅうあけ)

ゴールデンウィーク等の大型連休が明けると、いつもの休日終わり以上に倦怠感があったり、学校や職場に行くのが嫌だったりという経験はありませんか?連休のある職業の方や学生の方はだいたい同じような思いをした経験があるかと思います。そこで、何気なく使う「連休明け」という言葉の使い方について解説していきたいと思います。

連休明けとは

この連休明けが指す「連休」とは、基本的には3日間以上の連続した休日を表しています。日本では土日休みの人口が多いため、2日間の連続した休暇に対しては連休という認知が低いことから、土日祭日の3連休以上に対しての連休の認識が一般的です。ただし、普段休みが不定期で連続した休日でない方が、たまたま2日間連続して休日になった際には、連休という認識を持つという傾向があるようです。

連休明けの由来

日本においては、1948年に「祝日法」が定められ、国民の祝日といういわゆる祭日が生まれました。そこから3日以上の連休も年に数回発生するようになったため、「連休明け」という言葉と認識はそこからできているものだと考えられます。

連休明けの文章・例文

例文1.連休明けで体がだるい
例文2.連休明けは学業に身が入らない
例文3.連休での余韻が残っているせいか、連休明けは休む学生が多い
例文4.連休明けに片付けなければならない仕事が山ほどある
例文5.この前の質問は連休明けにでも回答するよ
連休が発生する前後のタイミングにはよく使われる言葉だと思います。ついでに会話例としても使い方をみていきたいと思います。

連休明けの会話例

  • 質問者アイコン

    GWが終わって、ものすごく体がだるい気がするんだよね。

  • 回答者アイコン

    私もそうです。
    連休明けだし仕方ないですね。

  • 質問者アイコン

    連休に入る前に片付かなかった仕事があるから、連休明けはすごくしんどいよ。

  • 回答者アイコン

    しっかり切り替えて、頑張りましょう。

オフィスや学校でよく聞くような会話ではないでしょうか。ポジティブな意味よりは、ネガティブな使い方をしている人が多いのではないですか?

連休明けの類義語

違う言い方をすれば、「休日明け」といったような使い方もありますが、こちらは連休にとらわれず、休日そのものの終わりを示していますね。

連休明けまとめ

連休の期間が長ければ長いほど、そのあとの仕事や学業には身が入りづらくなるものなので、ネガティブワードとして耳にしたり使う機会が多いのではないでしょうか。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事