造詣の深い人から知識を習得する

造詣(ぞうけい)

芸術の世界でよく使われるこの言葉ですが、正しい意味を理解できているでしょうか。知っているとそれだけで芸術の世界に精通しているアーティストの様な雰囲気や芸術に理解のある人の様に見られることもあるでしょう。「造詣」の意味について詳しく解説をしていきます。

[adstext]
[ads]

造詣の意味とは

造詣の意味は、何かの分野で物事を深く広く知っていることです。主に芸術や、学問、スポーツ、技術など色々な場面で使われます。このようにある分野において博識があるというふうにも言えます。

造詣の由来

造詣の由来は、詣という字には「至る」の意味があり「行く」「進む」「到着する」の他に学問などが深い技量に達するという意味を持ちます。造という字にも、実は「いたる」といった意味があります。ほとんどが「つくる」といった意味で使われているので、あまり知られていませんが、「つくるという事自体が物が最終の形になるまで至ることだからです。この二つの意味が重なり合い造詣の意味が出来上がりました。

造詣の文章・例文

例文1.彼女は料理研究家なので料理に関して造詣が深い。
例文2.造詣が深い分野とは自分が一番時間を使ってきた分野だ。
例文3.元サッカー選手の僕にはサッカーに関しての造詣が深い。
例文4.私の父はエンジニアだったためパソコンに関して造詣が深い。
例文5.自分の好きなオペラを聴いて造詣を深める。
みなさんも何かに没頭して時間を費やすことで造形を深めていってください。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

造詣の会話例

  • 質問者アイコン

    僕は小学校の時にサッカー選手になることを決めて以来、サッカーに関しての造形を深めてきた。だから今子供達にサッカーを教えることができているんだよ。

  • 回答者アイコン

    そうなんだね。それはあなたが今までで一番そこに時間を費やす事ができた証だね。

  • 質問者アイコン

    そうだね、小さい時から練習以外のところでも常にどうしたらサッカーが上手くなるのか考えていたからね。

  • 回答者アイコン

    素晴らしいね、それだけ時間を費やしたものは一生自分の宝になるね。

一流になるためにはたくさんの時間をそこに向ける必要があるという事ですね。

造詣の類義語

造詣の類義語には、「精通」「博識」「有識」「熟知」などがあります。

造詣まとめ

造詣が深い人になりたいですよね、なんの造詣を深めていくのかも我々の人生では非常に重要な事と言えますよね。子供の時から自分はどうなりたいのか考えていれば造詣が深い人になるのは簡単かもしれませんね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事