退職届を代わりに出してもらう

退職代行サービス

世の中は時代が変遷していく中で常識や当たり前の事というのも変わっていきます。20世紀では基本的には日本の会社は終身雇用制度があり、年々着々と昇給していくシステムで転職を頻繁にするという事は決して当たり前の事ではありませんでした。
しかし、21世紀に入り時代の流れが一層加速した事で、転職をする、キャリアアップをする事はスタンダートな事になりつつあります。
そういった中で時代の変遷を感じさせるサービスも生まれてきています。それが「退職代行サービス」です。今日は退職代行サービスの意味や由来やスタートした背景などを説明していきます。

退職代行サービスの意味とは

退職代行サービスの意味とは、昨今どの業界でも人手不足もあり、会社を辞めたいけれど辞められない。自分だけではいいにくいという人が増えた事で、退職を希望している人の代わりに会社が有料サービスとして退職の意思を勤めている会社に伝えて、退職の手続きをしてくれるというものです。
ただこの退職代行サービスも問題があり、簡単に辞めるだけであれば問題はそれほどないのですが、残業代の未払いや退職金の請求などの金銭的問題を解決する際に報酬をもらって行えるのは弁護士のみとなります。その為、金銭問題の交渉までサービスの提供会社が行っているとすると、それが「非弁行為」に当たるのではという指摘もあります。
また格安サービスを提供している所でオプションで、雪だるま式に金額が上がって、利用者から不満が上がっているケースも散見しています。

退職代行サービスの由来

退職代行サービスの由来は、会社を辞められない若者が増えている事から、EXITという会社がスタートしたサービスだと言われています。
また最近では退職代行だけではなく、その後の就職支援まで手掛けている会社も増えて20代、30代の若手にとっては心強いサービスになっています。

退職代行サービスの文章・例文

例文1.退職代行サービスを利用して会社を辞める若者が増えている
例文2.退職代行サービスは現在に則したサービスと言えるかもしれない
例文3.入社してすぐに退職代行サービスを使う事でスムーズな退職が望める
例文4.退職代行サービスは気の弱い人にとってはありがたいサービスだ
例文5.退職代行サービスの非弁行為の問題は今後の懸念である
21世紀という時代がこのサービスを生み出したと言えるでしょう。10年前や20年前では決して成り立たなかった仕事であり、サービスと時代がマッチしたと言えるのではないでしょうか。

退職代行サービスの類義語

退職代行サービスの類義語は「退職手続き」「代理人」などが挙げられますし、関連語としては上記した「非弁行為」なども取り上げられます。

退職代行サービスまとめ

退職代行に留まらず、今はその後の就職先の斡旋までサービス展開は非常に多岐にわたってきています。ただどんなサービスも栄枯盛衰がある様に、懸念材料を抱えている点もありますので、その点が解消されて、より良いサービスへとなっていくといいのではないでしょうか。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事