迎合する姿勢を取る男性

迎合(げいごう)

時々文章などに出てくる、「迎合(げいごう)」と言う言葉ですが、「相手に迎合する」などとの使い方をされています。日本の社会においては、好意的には受け入れられていない言葉ですが、迎合の詳しい意味や由来について説明をしますので、理解を深めて正しいシチュエーションで使える様にしていきましょう。

迎合の意味とは

「自分の考えや意見を曲げてでも、相手の気に入るよう調子を合わせること」です。「媚(こび)を売る」「ゴマをする」「おべっかを使う」ということを批判するニュアンスを含みます。

迎合の由来

「阿附迎合(あふげいごう)」として使われる言葉の後半部分です。「阿附」はへつらうこと、「迎合」は他人の意見を受け入れてそれに合わせることです。「迎合」は、「あいづち」を意味しますが「相手が言う何にでもあいづちを打って気持ちを合わせる」という意味も含まれています。最近は後半部分の「迎合」のみで使われることが多いようです。「相手が気に入るように自分の考えや意見を変えたりして媚びを売ること」が「迎合」です。

迎合の文章・例文

例文1.上司に迎合して態度を変えると信頼を失うので気を付けよう
例文2.世間に迎合して意見を変える軽いやつだな
例文3.最近のテレビ局は視聴者に迎合した安易な番組作りが目立つ
例文4.支持者層や利権団体への迎合が目立つ政権運営だ
例文5.大衆迎合主義は度が過ぎると足下をすくわれる可能性がある
迎合の言葉の意味として、あまりポジティブな疲れて方はしていないという事が分かる例文になっています。

迎合の会話例

  • 質問者アイコン

    あの課長はしょっちゅう部長の前だと自分の意見を変えるな

  • 回答者アイコン

    部長に迎合ばかりの課長にはうんざりしますね…

  • 質問者アイコン

    ああいう上司にはなりたくないと心から思うし、気を付けないとな。

  • 回答者アイコン

    ちゃんと自分の意見を持つ人間にならないと、周りから信頼を得る事が出来ないですね。

会話例は上司などの権力を持つ相手に媚びへつらう人を悪い意味で指すときに使っているシチュエーションです。

迎合の類義語

迎合の類義語としては、「ゴマをする」「おべっかを使う」「しっぽを振る」「イエスマンになる」「ヨイショする」

迎合まとめ

自分の意見や考えを曲げてでも、自分の利益のために相手に取り入ろう、気に入られようとする人はいますが、そのような態度を「迎合」という短い単語で表します。ただ人間社会の中で生きていく為に、時として迎合が必要が場面があるかもしれませんが、し過ぎると自分を失い、そして周りからの信頼を損ねる事に繋がります。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事