辛酸を舐めて顔をしかめる

辛酸をなめる(しんさんをなめる)

皆さんは辛いことや苦しいことを経験したことがありますか。目標や実現したい夢などがあっても壁にぶつかってなかなか上手くいかず、絶望してしまうことや諦めてしまうことも時にはあるかもしれません。そんなことを表す言葉として辛酸をなめるというものがあります。では、一体辛酸を舐めるという言葉どのような場面で使われるのでしょうか。意味、由来と共に見ていきましょう。

[adstext]
[ads]

辛酸をなめるの意味とは

辛酸をなめるとは、辛い思いや苦しい思いをすることを意味する言葉です。字の如く、辛いもの酸っぱいものを舐めと一般的には顔が歪みますよね。顔が歪むほどの苦しい思いと考えると分かりやすいですね。

辛酸をなめるの由来

辛酸をなめるは、辛いものや酸っぱいもの舐めることに由来しており、そのことから転じて苦労を経験するという言葉として使われるようになったと言われています。

辛酸をなめるの文章・例文

例文1.みんなからバカにされて辛酸をなめてきた、彼は負けず嫌いということもあり、人一倍努力をすることによって誰からも認められる存在となった。
例文2.準備不足から物事が上手く運ばずに辛酸をなめる結果となる。
例文3.夏の試合で辛酸をなめる結果となったことを踏まえて、練習に励んで臨んだ冬の大会では見事優勝することができた。
例文4.辛酸をなめることになったとしても悔いが残らなければ後悔はしないだろう。
例文5.最初は彼の言動から辛酸をなめることを多かったが、今では上手くやっている。
これらから辛酸をなめるという言葉が苦労しているさまを表すのに適していることがわかります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

辛酸をなめるの会話例

  • 質問者アイコン

    そういえば昨日の試合は勝つことができたのかな。

  • 回答者アイコン

    それが延長戦に持ち込んだんだけどギリギリのところで惜しくも負けて辛酸をなめる結果となったらしいよ。

  • 質問者アイコン

    それは残念だね。チームメイト一丸となって大会に臨んでいたのを知っていたからね。

  • 回答者アイコン

    今年あと一度だけ大会がまだ残っているからそこに向けて頑張ってほしいよ。

辛酸をなめるは、スポーツなどで試合に負けて悔しい思いをするさまを表すときにも使うことができる言葉です。意味を知っていないと話についていけないこともあると思うので是非覚えておいてください。

辛酸をなめるの類義語

辛酸をなめるの類義語には、「惨め」「血反吐を吐く」「困窮」「手酷い」「荷が重い」「低迷」などがあります。

辛酸をなめるまとめ

辛酸をなめることは生きていればあるかもしれません。いくら努力しても時には良い結果を残せないこともあるでしょう。成功の三条件が運鈍根というように根気強く続けることもそうですし、才能も必要になってくることもあるでしょう。壁にぶつかったときは考えられる限りの打開策をもってその壁を越えられるといいですね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事