軽蔑(けいべつ)

軽蔑とは、相手のことを軽んじてないがしろにすることです。相手に対する尊敬が足りなかったり、その分野に対しての知識がなかったりするとついつい軽率な態度をとってしまいがちです。特にメディアであまり取り上げられない人たちや専門的な技術がある人など知られていないことが多いとそれは如実に表れます。今回は、そんな軽蔑について解説していきます。

[adstext]
[ads]

軽蔑の意味とは

軽蔑の意味は、相手のことを軽んじてないがしろにすることです。人には、それぞれ意見があるので自分の意見をもつことも大切ですが、時には、相手のことを尊重して意見を聞くことも大切です。

軽蔑の由来

軽蔑の「軽」は慎重ではない行いのことを表しており、「蔑」は見下すといったことを意味します。このことから軽蔑という言葉が現在の意味で使われるようになりました。

軽蔑の文章・例文

例文1.軽蔑した態度で接していたらいつも間にか誰も話しを聞いてくれなくなってしまった。
例文2.許されざる行いをした彼は、世間から軽蔑の眼差しを向けられている。
例文3.彼の素晴らしさを理解せずに、軽蔑している人は私から見ればあまりに滑稽である。
例文4.みんなから軽蔑の表情を向けられて、過ちをおかした自分の愚かさを改めて実感する。
例文5.軽蔑な態度を取られるのは、彼女といえど納得できないだろう。
これらから軽蔑という言葉は、相手を不快な軽んじた行動をしている様子を表すのには最適です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

軽蔑の会話例

  • 質問者アイコン

    彼の行いは到底許されるものではなかったね。世間からの向けられる軽蔑の眼差しは凄かったね。

  • 回答者アイコン

    本当だね。これから彼は、一生その罪を背負って生きていかなければならないからね。

  • 質問者アイコン

    うん。どんな行動や発言にも責任が伴うから気をつけないとね。

  • 回答者アイコン

    そうだね。僕も軽率な行動には気をつけるよ。

これは、ある人が過ちをおかし軽蔑の眼差しを向けられている様子を話しています。

軽蔑の類義語

軽蔑の類義語には、「慢侮」「侮辱」「悪態をつく」などがあります。

軽蔑まとめ

日本は特に礼儀や気遣いなどを大切にする傾向があります。言葉遣い一つとってもそれは言えることです。相手に失礼なことや不快な思いをさせてしまうことがあれば、自分にとってもよくないこともあると思います。軽蔑な態度をとらないように振る舞うことが大切です。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事