趣がある家で季節を楽しんで生活をする

趣がある(おもむきがある)

趣があるとは、工夫や思考が感じとられることやしみじみとした情景を感じとることができることを意味する言葉です。景色や風景を見たときにしみじみと感じることがあると思います。わかりやすく言えば心を動かされ、惹かれることです。今回は、そんなときに使われる趣があるについて説明していきます。

[adstext]
[ads]

趣があるの意味とは

趣があるの意味は、工夫や思考が感じとられることやしみじみとした情景を感じとることができることです。日本では、美的感覚で良いと感じられることに使われることが多いです。

趣があるの由来

趣があるの由来は、「趣」の「おも」には昔、心という意味があり、「むき」はその方向を向いているということから転じて心が惹かれているという意味合いで使われるようになったと考えられています。

趣があるの文章・例文

例文1.清水寺から見える秋の紅葉と街並みがとても趣がある。
例文2.観光地としても人気で趣があるスポットだが、これの景観は景観保護法によって守られているのだ。
例文3.日本の歴史的な建築物がみられる京都では、趣がある庭を眺めながら食事を楽しむことができる。
例文4.この神社がある一帯は昔の商店街の名残が今も残っており、普段は目にしないような珍しいものが売っていて趣がある。/strong>
例文5.趣があること観光地を潰してしまうには、あまりにも勿体ない。
これらから趣があるという言葉は、風情が感じられる様子を表すのには最適です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

趣があるの会話例

  • 質問者アイコン

    久しぶりに京都、奈良へ観光旅行に来たけど風情があってとてもいいね。

  • 回答者アイコン

    そうだね。私は中学の修学旅行以来だからどこかエモいわ。

  • 質問者アイコン

    中学の修学旅行で行ったことがあるんだね。京都、奈良の落ち着いていて趣がある景色はとても好きだよ。

  • 回答者アイコン

    私もだわ。あと、これから観光する予定地での景色も楽しむだわ。

これは趣がある観光地へ旅行に行って話しをしている様子です。

趣があるの類義語

趣があるの類義語には、「風情」「情緒」「風流」「エレガント」「優艶」「温雅」などがあります。

趣があるまとめ

日本では、趣があるや風情がある、わびさびなど言葉で言い表すのが難しい気持ちを意味する言葉が多く存在します。今日であれば、なんとも言葉にしがたい時には、エモいなどと言うこともあると思います。趣があるという言葉は今でも使うことがあるので覚えておくといいと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事