起死回生の応急処置で一命をとりとめた

起死回生(きしかいせい)

起死回生とは、滅びかけているものや絶望的な状態から、立ち直すことを意味しています。一般的には「起死回生の〇〇」のような使われ方をする事が多い言葉であり、耳にする機会も多いのではないでしょうか。今回は起死回生について、意味や由来、例文や類義語などを交えて、わかりやすく解説をしていきます。

[adstext]
[ads]

起死回生の意味とは

起死回生の意味とは、滅びかけているものや絶望的な状態から、立ち直すことや、崩壊しそうなもの敗北の危機に陥っている局面を一気に打開して、いい方向へと立ち直らせる事を指します。スポーツなどでもサッカーなら「起死回生の同点ゴール」、野球なら「起死回生の逆転ホームラン」などという使われ方が多くなっており、目にした事がある人もいるでしょう。

起死回生の由来

起死回生の「起死」も「回生」も死にそうな人を生き返らせるという意味があります。これらの言葉を組み合わせて起死回生という言葉が成り立っています。

起死回生の文章・例文

例文1.絶対絶命の状況でもうここからの逆転はないと思われたが、彼のスーパープレーが起死回生の一打となる。
例文2.もうゲームキャラクターのHPは残りわずかだったが、回復を行うことにより起死回生する。
例文3.起死回生のチャンスを与えられたのにも関わらずそれに気づくことができずにその挑戦を終える。
例文4.試合の延長戦で見事ゴールを決めた彼のシュートはチームにとってはまさに起死回生の1点といえよう。
例文5.議論で論破されそうであったが、彼の指摘によって相手は捏造したことが明らかになり起死回生の一手となった。
これらから起死回生は危機から脱するときに使われることがあることがわかると思います。是非覚えておいてください。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

起死回生の会話例

  • 質問者アイコン

    昨日のテレビでやっていたサッカーの試合で相手チームから圧倒的に押されていたのにも関わらず、日本チームが勝利したのはすごかったよね。

  • 回答者アイコン

    そうだね。得点も相手チームの方が多くしていたのに、一瞬の隙間をついたゴールによって流れが大きくかわったよね。

  • 質問者アイコン

    あの得点はまさに起死回生の一撃だったよ。あれからはもう日本チームの流れだったしね。

  • 回答者アイコン

    うん。昨日の試合を見てチャンスを手にしたときにものできる力っていうのは本当に大切だなた思ったよ。

チャンスというものは、なかなかめぐり会えないものですよね。チャンスを掴んでもそれをものできないことは多くあると思います。だからこそチャンスが回ってきたときにそれをものにできるようにするために練習したり、努力したりするのでしょう。

起死回生の類義語

起死回生の類義語には、「回復」「命拾い」「不死鳥」「輪廻転生」などがあります。

起死回生まとめ

起死回生は、圧倒的に振りな状況から立て直すときに使うことができる言葉です。是非覚えて機会があれば使ってみてください。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事