贋作と認定するスタンプ

贋作(がんさく)

贋作とは、オリジナル作品の偽物のことです。言わば、パクリということです。絵画や芸術作品などの美術品では、一つのものが数百から数千万の値段がつけられることもあります。そのため、贋作を作って儲けようと考える人が出てきます。その結果、今日は多くの贋作が存在するのです。今回は、そんな贋作について解説していきたいと思います。

[adstext]
[ads]

贋作の意味とは

贋作の意味は、オリジナル作品の偽物のことです。贋作は、素人の目から見ては見分けもつかないほどです。プロの鑑定士でもよくできた贋作であれば見分けがつかないこともあります。贋作は、それほどまでに巧みに作られていることが多いのです。

贋作の由来

贋作の「雁」は飛ぶ姿がよい鳥を表し、「貝」はお金を表します。このことから体裁のよい、財物のことに「作」を組み合わせて贋作という言葉として使われるようになったと考えられます。

贋作の文章・例文

例文1.絵画を贋作かどうか見極めるには、とても専門的な知識が必要となる。
例文2.彼は絵が上手いだけなく、贋作を作ることに長けている。
例文3.あつもりで絵画をつねきちから買うことができるが、贋作があるので注意が必要だ。
例文4.絵のタッチやの構想がにていれば、贋作と言われるのも無理はない。
例文5.贋作ではあるが、その作品からみてとれる技術はプロに匹敵するような素晴らしいものであった。
これらから贋作という言葉は偽物の作品を表すのに適しています。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

贋作の会話例

  • 質問者アイコン

    今度家に昔からある美術品を鑑定してもらおうかと思っているんだよね。

  • 回答者アイコン

    家に昔からの美術品があるなんてすごいね。どんなものなんだい。

  • 質問者アイコン

    掛け軸なんだけど、昔から大切にされてきたものだからきっと価値があるに違いないよ。贋作ではないのは確かだしね。

  • 回答者アイコン

    それはいいね。もしか下はものすごい値段がつくかもしれないね。

昔の美術品、特に有名な美術家の作品であれば、価値が高いことが多いです。

贋作の類義語

贋作の類義語には、「偽作」「偽造」「焼き直し」「模作」などがあります。

贋作まとめ

今日には、多くの権利が存在します。特に人が作ったものや考えだしたものには著作権があることがあります。勝手に著作物を使ったり、2次利用したりしては行けない場合があったりするので気をつけることが大事です。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事