貧乏ゆすりをする人

貧乏ゆすり(びんぼうゆすり)

人によっては日常的に見られているものかもしれませんね。人の不安定な心理状態が表面的な動作として現れている状態のことを表した言葉になります。
また、これは日本人にかぎった症状ではないそうです。
今回はそんな「貧乏ゆすり」という言葉について、深く掘り下げていきたいと思います。

貧乏ゆすりの意味とは

「貧乏ゆすり」とは、一般的には人によって不安やストレスといった精神的な負荷を感じた時に生じる、生理現象動作に対して付けられた名称を指し示している言葉です。
傾向的に短気な方や、あまりうまくストレスを解消させることができず、精神的な負荷を抱え込みやすい方に見られる症状です。
沸騰したやかんに触れてしまった時のような、身体的苦痛から逃れようとするのと同じ理屈で、精神的苦痛から逃れるため、リラックスしようとするためにこの様な動作が見られるのではないかと考えられています。

貧乏ゆすりの由来

「貧乏ゆすり」という言葉の由来は、江戸の時代、来る日も来る日も「貧乏」な状態で、食べるものや着る物に困っていた状況の人が空腹や肌寒さを感じてぷるぷると震えている、自らの体を「揺すっている」様子から付けられた言葉なのだそうです。
またそういった由来があるため、そもそもこの生理動作に対してこのような名称を付けているのは日本だけという説も有力なものとされています。

貧乏ゆすりの文章・例文

例文1.隣の席の人は貧乏ゆすりがひどい。
例文2.貧乏ゆすりはあまりよくない動作とされている。
例文3.しまった、無意識に貧乏ゆすりをしてしまっていた。
例文4.貧乏ゆすり!母親に注意されてしまった。
例文5.私の父は貧乏ゆすりがひどい人だったが、意識することで治すことができた。

貧乏ゆすりは動作を表した言葉です。

貧乏ゆすりの会話例

  • 質問者アイコン

    私の息子は貧乏ゆすりがひどいのですが、何かいい解決方法知りません?

  • 回答者アイコン

    何か考え込んでいる時、足にも意識を向けてみることを続けてみたら私は改善しましたよ。

  • 質問者アイコン

    房さん貧乏ゆすりしませんもんね。ありがとうございます、試してみます!

  • 回答者アイコン

    はい、無理にならない範囲で試していってみてください!

貧乏ゆすりとは、名前のせいでよくないものとされている可能性もあるかもしれませんね。

貧乏ゆすりの類義語

貧乏ゆすりの類義語としては、「足を組む(あしをくむ)」や「髪をかきあげる(かみをかきあげる)」などの言葉が挙げられます。

貧乏ゆすりまとめ

名前の影響もあり、一般的によくないものとされている「貧乏ゆすり」ですが、最近の研究ではこの動作は精神的な負荷を解消させる上で心身に好影響をもたらすものであるため、無理に止めようとし過ぎない方がいい、といったような説も出てきております。
あなたの周りで貧乏ゆすりをしている方がいたら、軽く注意はしつつも、それだけ頑張ろうとしている証でもあるのかもしれないという認識を持ってみると、お互いにより気持ちいい時間を過ごせるようになるかもしれませんね。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事