豪華絢爛な人

豪華絢爛(ごうかけんらん)

もう文字の造形がそのものの意味を表しているような四字熟語だと感じた方はいらっしゃらないでしょうか?この言葉は華やかさの極みを表したような言葉となっています。
日本よりも色々なもののスケールが大きい、海外の方が使える機会が多い言葉とも言えるかもしれませんね。
今回はそんな「豪華絢爛」という言葉について、深く掘り下げていきたいと思います。

[adstext]
[ads]

豪華絢爛の意味とは

「豪華絢爛」とは、「豪華」という文字の方は「ゴージャス(gorgeous)」といった似たような意味を持つ英単語も存在しているため、イメージしやすい方が多いと思われます。「豪勢で贅沢な華やかさ」と意味を持ち、これにさらに似たような意味である、「優美できらびやかな様」を表す「絢爛」という言葉を重ねることにより、これ以上ないほど豪華で美しい華やかさを表したような言葉となっています。

豪華絢爛の由来

「豪華絢爛」の由来。この言葉の「絢爛」という部分は1833年頃から同じような意味を持って使われていたのですが、これに豪華という言葉を合わせてさらにその華やかさに磨きをかけた使い方をされるようになったのは、1955年に火野葦平(ひのあしへい)という小説家が書いた「赤い国の旅人」という小説の中で同じような意味を持つ言葉として扱われたことが始まりではないかと考えられています。

豪華絢爛の文章・例文

例文1.豪華絢爛なパーティーに招待された。
例文2.社長の家の内装は豪華絢爛だ。
例文3.豪華絢爛。音と光で満ち溢れたお祭りだ。
例文4.彼の纏う空気感は周りを豪華絢爛にしてくれる。
例文5.豪華絢爛な生活を送るという目標を持つ。

「豪華絢爛な人」なんて、すごく嬉しい褒め言葉ですよね。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

豪華絢爛の会話例

  • 質問者アイコン

    この間、とあるアーティストのライブを見に行ったら途中で2組別のアーティストが飛び入りで参加しまして。

  • 回答者アイコン

    なんてアーティストですか?

  • 質問者アイコン

    見に行ったのはAってバンドだったんですけど、そこにBとCが入ってきました。

  • 回答者アイコン

    それは豪華絢爛ですね!

豪華絢爛という言葉は華やかな存在感を放つもの同士が一緒になっている場面などにおいても用いることができる言葉です。

豪華絢爛の類義語

豪華絢爛の類義語としては、「華麗奔放(かれいほんぽう)」や「絢爛華麗(けんらんかれい)」などの言葉が挙げられます。

豪華絢爛まとめ

文字の画数の多さなどから受ける影響もあり、豪華絢爛という言葉からイメージするものはやはり宝石のような光に満ち溢れた華やかで、いかにもお金をかけたようなものになりがちかもしれません。
ですが強い空腹の時に食べる料理はなんでもご馳走に変わるのと同じように、何を豪華絢爛と思うのかはその人の捉え方1つとも言えるかもしれません。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事