豚に真珠はその通り

豚に真珠(ぶたにしんじゅ)

価値あるものでも持っている人が価値をわかっていなければ意味がありません。豚に真珠はことわざの中でも特に頭の中で想像しやすいことわざでしょう。今回は、豚に真珠の由来や例文で見ていきましょう。

豚に真珠の意味とは

豚は動物なので物の価値もお洒落の価値もわかりません。そんな豚が高価な真珠を持っているところで、豚が自分は高いものを持っている、周りに自慢したいなんて思う気持ちは全くありません。このように価値を理解できない者が価値あるものを持っていても無駄であるということを豚で表したことわざなのです。

豚に真珠の由来

「豚に真珠」を一番初めに言ったのはイエス・キリストと言われており、新約聖書・マタイ伝・7章6では「豚に真珠を与えることをするな、彼はそれを踏みつけて、あなたを反撃してくるだろう」と書いてあるのが語源とされています。これは豚を貪欲な人間に例えて言われていており、神の尊い教えを理解できない者に尊いものを与えることは無意味だという比喩としています。

豚に真珠の文章・例文

例文1.ダイエットする気がなく食べてばかりなのにトレーニングマシーンを持っているなんて、まさに豚に真珠だ
例文2.彼の誕生日に素敵なネクタイをプレゼントしたのに。相変わらず古びたネクタイをしているなんて、豚に真珠で買った意味がない
例文3.勉強をしないのに新しい電子辞書が欲しいなんて豚に真珠だろう
例文4.形から入ってハイスペックなパソコンを持っているなんて豚に真珠と同じくらい勿体無い
例文5.なかなかチケットの取れない人気のコンサートを楽しまないで寝るなんて君は豚に真珠だね
例文にはどれも物や時間などの価値を示すものが含まれていますが、例文ではどれも反対に使わない、体験しないなど無駄だったことを意味しています。「豚に真珠」とは一般的にネガティブなことに例えられているのがよくわかりますね。

豚に真珠の類義語

「豚に真珠」の類義語で一番、思いつくのは「猫に小判」でしょう。意味は特に変わらないと言われていますが、直感的に豚の方が良い印象を持てないのではないでしょうか?豚は聖書でも蔑むような存在としており、どちらかといえば「豚に真珠」の方が悪い印象です。他にも類義語は「馬の耳に念仏」や「宝の持ち腐れ」などがあります。

豚に真珠まとめ

豚に真珠の意味は知っていても、なぜ豚なのかという疑問を持っている方も多かったのではないでしょうか?真珠とは物にも時間にも存在にも例えられるものですが、自分の身の回りにあるものを無駄にしないようにしていきたいですね。

この記事を読んでいる人に人気の記事