諸法無我にあわせて考える

諸法無我

かつて何かを奪い合ったり、競い合ったりした人と、思わぬ場所で再会してしまった。あるいはかつて通っていた小さなお菓子屋さんを、たまたま通りかかったらお店が大きくなっていた。さまざまな「思わぬこと」は昔から繋がっていたということも、数多くあります。このように、全てのものにはなにかのきっかけや、付き合いがあることをいう言葉に「諸法無我」が存在します。ここでは「諸法無我」の意味や由来、類義語などについて解説します。

諸法無我の意味とは

「諸法無我」(しょほうむが)とは、全てのものは因縁によって出来上がっていること。また、永遠に変わらない「我」というものを持っていないということをいいます。一つの物事は常に変化するきっかけがあり、思わぬ変化の原因となる可能性が誰にでもあるのです。誰もが全てのきっかけとして生かされているといってもいいでしょう。

諸法無我の由来

諸法無我は、元は仏教用語であり、三法印・四法印の一つです。諸行無常の行が起こる現象である一方で、法は涅槃といった境地をも含む事を指しています。つまり涅槃という境地に達したとしても、全てのものは変化を止めることがなく、「答え」のような実体を持っていないのだという言葉です。

諸法無我の文章・例文

例文1.諸法無我を思えば、この出来事も納得できる
例文2.世界情勢は、まさに諸法無我とも言える状況だ
例文3.諸法無我を知れば、逆境も怖くはない
例文4.諸行無常、諸法無我の世の中
例文5.諸法無我を納得することが、悟るということなのです
諸行無常より深い意味合いが込められており、日常で使うことは稀です。全ての場所で見かけることは、ほぼ無いと言えます。全てがお互いに干渉して、全ての物が繋がっていくという感覚は、見ることである程度認識はできますが、心の意味で理解することは難しい言葉です。

諸法無我の類義語

同じく、常に物事は変化しているという意味の言葉に「諸行無常」があります。同じ状態であることはなく、一秒ごとにその状態は変わっていきます。この変化のきっかけは風であったり、雨であったり、ただ置いてあるものにも「きっかけ」は常にそこにあるということになります。

諸法無我まとめ

世の中の全てに組み込まれている、という意味とも言える諸法無我ですが、すべてのものは常に変化する可能性に満ちています。あらゆるものは一つであり、お互いにお互いへと干渉しあって、一つの流れを生み出しているのです。人間とは・人間を含めた全てのものとは、この一つの流れの一部に過ぎず、特別な何かは存在しないことを意味しています。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事