論点 ずれてる 外してる

論点(ろんてん)

昨日まで楽しく話していた友達とふとしたことで言い争いに・・・なんてことがこれまでに経験がありませんか?お互いの言いたいことをぶつけ合っていたらスッキリして仲直り!ならいいのですが、ぶつけ合うほど何の話をしているのかわからなくなってしまったあなたに今回ご紹介する「論点」を見てスッキリ仲直りを目指しましょう!

論点の意味

論点とは議論の軸となる問題点のことを意味しています。相手と何を話したいのか、軸から外れてしまったら何のことだかわからなくなってしまいますね。

論点の由来

「論」とは議論のことを表し「点」とは問題点のことを表しています。議論の問題点ということが論点になっていると考えられますね。

論点の文章・例文

例文1.今回の会議の論点をしっかりと整理し議事録にまとめる
例文2.彼の発言は論点がずれているため内容が不明確だ
例文3.論点をはっきりとさせ相手に伝える
例文4.論点を定めた内容を書くことを意識する
例文5.論点から外れてしまい、あやふやなことを言ってしまった
論点とは話の軸になるため、内容が進むにつれて軸から外れてしまう場合もあるので気をつけるべきですね。

論点の会話例

  • 質問者アイコン

    今日の会議の内容、よく理解できなくて困っているんだ

  • 回答者アイコン

    そうなんだね、議題は把握してるの?

  • 質問者アイコン

    うん。ただ、長引くほどよくわからない発言が飛び交ってわからなくなったんだ。

  • 回答者アイコン

    話の論点がズレてしまうとそうなってしまうよね。
    論点を定めて聞いてみるといいかもしれないよ。

発言には的を得た内容が飛びかえばより有意義な内容になりますが、軸を外れてしまうと訳のわからないことになってしまうため、一度自分の中で考えてから発言することが大切かもしれませんね。

論点の類義語

「問題」「核心」「論争点」「焦点」などが挙げられます。いずれも何を明確にするのかが当てはまりますね。

論点まとめ

今回紹介した論点には重要な会議から日常の会話まで、話の軸を意味するということがポイントです。この論点をしっかりと理解していないと伝えたかったことが伝わらなかったりと、会話のキャチボールがあやふやになってしまうため会話の軸がなんなのか考えながら議論することが重要ですね。相手の言っていることが論点がずれていて揚げ足を取ってしまうと論点がどんどんずれてしまうかもしれないので注意しましょう。以上、今回は論点についてのご紹介でした。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事