請負契約

雇用形態が多様化していくなかで、新しい働き方として注目されているのが請負契約というジョブです。フリーなイメージの強い請負契約ですが、具体的にはどのような雇用形態を指すのでしょうか。その意味や由来、具体的な使い方についておさらいしていきましょう。

請負契約の意味とは

請負契約はある仕事を依頼し、その仕事の完成を待って報酬を支払う仕事のスタイルになります。就業時間や休憩時間が細かく定められているビジネスマンのワークライフと異なり、ひとつの仕事の完成に応じて対価を支払います。請負契約に似ている委任契約の場合では、仕事の完成・不完成に関わらず報酬が支払われる形になります。

請負契約の由来

働き方改革の一環として、より自由度の高い雇用形態が求められるなか、転職雑誌やビジネス系雑誌の世界から、自然発生的に生まれたのが請負契約です。弁護士や公認会計士・デザイナーなど、フリーランスで働いている人を中心に、請負契約型の働き方が目立ってくるようになりました。仕事の件数が増えるほど収入を伸ばすことができ、今までとは違う柔軟なワークライフを築けるのではないかと期待されています。

請負契約の文章・例文

例文1.来期からデータ入力の作業のみ、請負契約することにした
例文2.請負契約を導入するようになり、社内の人件費が大幅にカットできた
例文3.クライアントから請負契約の依頼がきた
例文4.正社員から請負契約型のフリーランスになった
例文5.請負契約のデメリットは、会社と直接の雇用契約が結べないことだ
人材不足が叫ばれるなか、企業が次に手を付けたいのは請負契約の件数を増やしていくことだ。簡単な業務を会社外に委託することで、企業は利益を確保することができるからだ。

請負契約の類義語

請負契約に似た言葉として、業務委託・外部発注・アウトソーシングクラウドソーシングなどがあります。企業の雑務のうち単純性の高いものや、専門性の高い作業を外部に委託することによって、正社員の負担を下げる意味合いもあります。

請負契約まとめ

企業間の競争がより激しさを増していくなかで、いかに優秀な人材を育てていくかは大きな課題のひとつとなっています。社内の人材を効率よく育てていくためにも、単純な作業はあえて請負契約型にしていくことも大切です。また自由度の高い請負契約の仕事ですが、病気になったときに収入が減る・社会保険に自己加入しなければならない…などのデメリットも存在します。一個人として請負契約の仕事を任されたときは、長所と短所をよく理解しておくことも重要です。

この記事を読んでいる人に人気の記事